白菜の栽培記録 白菜の1回目の追肥と害虫駆除 金将二号 錦秋

今日は、白菜を植え付けてから2週間になりますので追肥をしました。

植え付けの様子はこちら

白菜の栽培記録 白菜の植え付け 金将二号 錦秋 耐病60日

白菜の追肥をご紹介します。

白菜の1回目の追肥

追肥

植え付けの2週間後から2週間に1回、マルチの穴に化成肥料3g/㎡を追肥します。

害虫駆除

ヨトウムシとの闘い

追肥

とりえあず1回目の追肥なので株元に置き肥します。

注意
肥料が株に当たると、肥料焼けを起こしてしまいますので注意しましょう!

害虫駆除

ヨトウムシとの闘い

白菜を植え付けてからずっと様子を見ていますが、今回の白菜、順調に生長はしているものの、ヨトウムシを筆頭とした害虫の襲撃に収穫まで無事でいられるか心配になってきました。

植え付け後、1週間経過したあたりから、葉が虫に食われ出しているのに気づきました。

最初はこの程度の被害でしたが、次第に葉がボロボロに・・・

害虫を見つけては駆除しているのですが、見つからないこともあり、日が経つにつれ次々と被害にあう株が増えつつあります。

Twitterでも捜索のアドバイスをいただきました。ありがとうございます!(^^♪

今朝、食害を発見した株です。

新芽の付け根に潜んでいました。こんな感じで見つかればいいのですが、全く捜索しても発見できない時があります。

現在はこんな感じです。

1つ目は、未だ犯人発見できず被害拡大中!(T_T)

2つ目は、犯人捕まえて被害は治まる。(*^^)v

3つ目は、今朝、食害を発見したもの。犯人捕まえたが、被害は治まるか?

毎日、白菜を眺めては、葉の裏や株の中心を確認してヨトウムシの駆除をしていますが、なかなか被害が拡大しております。(^^;

白菜は、キャベツと違って混植していませんので、被害が出ているのかな?キャベツは全くと言っていいほど被害はありません。

キャベツの栽培記録 レタスとの混植栽培 2回目の追肥と土寄せ

外葉は食べてもいいから新芽は食べないで欲しいです。やはりヒゲおやじさんのように城壁が必要なのかもしれません。ペットボトルで城壁を作るやり方もあるようなので、次回試してみようかなと思います。(^^♪

使用した資材

今後の作業

2回目以降の追肥

2週間に1回、マルチをめくって畝横に化成肥料30g/㎡を追肥します。

土寄せ

マルチをめくって追肥をした際に、化成肥料と土をよく混ぜ軽く土寄せします。

収穫

球の上部を触って堅く締まっていたら収穫適期です。外葉を広げて包丁で株元を切って収穫します。

すぐに収穫しない時は、外葉ごとひもで縛って(鉢巻き)、中の球を寒さから守りましょう!翌年1月頃までには収穫を終えるようにしましょう。

まとめ

今回は、白菜の追肥とヨトウムシとの闘いをご紹介しました。

私の菜園は、無農薬なため害虫は必ず寄ってきます。防虫ネットをしていてもヨトウムシなどは、土の中から出てきますので予防が難しいです。

ペットボトルなどで城壁を作る対策もあるようですが、大きくなった外葉がペットボトルで傷つきそうで実施していません。でも、食害の被害と天秤にかけたら、まだペットボトルの方が、葉が傷物にならなくていいのかもしれません。

白菜は、いつものことながら葉はボロボロですが、まだアブラムシが大量に発生していないだけましかもしれません。例年通りなら、大きくなって葉が巻き始めた頃からアブラムシが発生してくるような気がしています。

今後も白菜からは目が離せません。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です