白菜の栽培記録 なぜ失敗した?白菜の栽培 大量のアブラムシ発生

久々の投稿になってしまいました。仕事が忙しかったのもありますが、先日、日曜日に、WordPressのテーマをCOCOONからSANGOへ変更したんですが、その際に、COCOONで使用していたパーツ類がことごとくSANGOでは使用できなくなっていて復旧作業に追われていました。

まだ完全には復旧出来ていませんので、過去記事はまだ変な箇所がたくさんあります。

このブログを見に来ていただいた方々には、大変ご迷惑をおかけ致しております。お詫び申し上げます。m(_ _)m

今回は、白菜の生育にかなり深刻な被害が発生しましたのでご報告します。

白菜の様子がおかしい・・・

今朝、白菜の虫食い確認のため近づくと・・・なんか様子がおかしい。

ん?え?あれ???あーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

アブラムシが大量についている。(T_T)

いつから?毎日見ていましたが、この変化に気付いていませんでした。

一見すると虫食いはあるものの順調に育っているように見える白菜ですが、

葉の虫食い状態の確認のために近付いて見ると・・・

もう時すでに遅しです。葉の表裏、中心に至るまで、びっしりと一面にアブラムシが大量発生し取り付いています。

たけぞうさん
たけぞうさん

マジか・・・

一番恐れていた事態になってしまいました。(T_T)

嫁

めっちゃ付いてるやん!これ大丈夫なん?

たけぞうさん
たけぞうさん

どう見ても大丈夫じゃないよね・・・

これ一つじゃないんだよ。全株なんだ・・・(T_T)

嫁

そうなん?あかんやん。

この後より白菜の現状を画像で掲載しています。

※虫が苦手な人はあまり見ない方がいいと思います。

深刻な白菜の状況

アブラムシの付着状況です。

※もう一度言います。虫が苦手な方は見ないでください。

葉の裏だけでなく表にも

さらには葉の中心部まで

正直ここまでアブラムシが付いてしまうと、このまま育ててもいいのか悩みます。というか、食べるのに拒否反応が・・・

これどうしたらいいですか?

正直、もう諦めようかと思っています。このまま放っておくと病気になってしまい結局ダメになってしまいます。病気が発生し広がる前に撤去するのがいいのでしょうか?

あーーーーやっちまったなーーーーーー(T_T)

なってしまったものは仕方が無いので、原因を考えて次に活かします。

なぜ失敗してしまった?その原因は?

今までの生育状況

白菜の栽培記録 白菜の植え付け 金将二号 錦秋 耐病60日 白菜の栽培記録 消えた白菜 耐病60日 台風被害?それとも・・・ 白菜の栽培記録 白菜の1回目の追肥と害虫駆除 金将二号 錦秋

このように今まで育ててきました。例年、アブラムシは少なからず発生しています。今回のように大量に発生した年もありました。それは白菜に限らず大根の時もありました。

何が原因なんでしょうか?

どこが悪かった?

アブラムシの発生する要因

アブラムシがどのような時に発生するのか調べてみました。

アブラムシが湧く理由

そもそも、どうしてアブラムシは湧いてくるんでしょうか。
要因の1つとして「窒素分の多い肥料を与えすぎという点があげられます。
窒素分の多い肥料を与えすぎると葉で合成されるアミノ酸が多くなりすぎてしまいます。アブラムシはそのアミノ酸が大好きなので、多く作られすぎたアミノ酸にアブラムシが寄ってきます。
もう1つの要因は株間がせまく密植状態のときに湧きやすいと言われています。
つまり風通しがよくないということですね。風通しを良くして植物にまんべんなく日が当たるように心がけてください。

LOVE GREEN

驚異の繁殖力でさまざまな植物にびっしり生息するアブラムシですが、もともとどうやって植物に寄生するようになったのでしょうか。その原因のひとつに窒素分の多い肥料を与えすぎるというケースが挙げられます。
窒素分の多い肥料を与えすぎると葉で合成されるアミノ酸が多くなりすぎてしまい、アミノ酸を好物とするアブラムシが寄ってきてしまいます。
植物の株間が狭く風通しが悪いといった場合にも、アブラムシが湧きやすいと言います。アブラムシの発生を防ぐには植物の風通しをよくし、まんべんなく日が当たるようにすることがポイントです。また、翅がある有翅型のアブラムシが発生すると、別の植物へと移動を繰り返すため、一気に発生してしまうことになります。

For your Life

アブラムシの予防方法は?

窒素肥料を過剰に与えない
● 太陽光を反射するシルバー色のマルチシート(テープ)を垂らす、敷く
● 目の細かい防虫ネットを置く、背の高いものを置いて遮断する
葉や株の乾燥に注意する


※ 化成肥料には、アブラムシが好む窒素成分(アミノ酸)が含まれているので、窒素成分の多い肥料には注意してくださいね。

HORTI by Green Snap

原因はこれじゃないのか?どのサイトにも共通して書かれていること。肥料のやりすぎ・・・

上にある今までの生育状況を確認してもらえば分かりますが、白菜植え付けから2週間の時に株元に追肥をしました。

この追肥をする時には、アブラムシなんて付いていなかった。

追肥をしてから今日で8日目・・・

かなり有力な要因ではないでしょうか。

他には、株の密集による風通しの悪さが書かれていますが、株間50㎝で植え付けていますので、密集しているとはいいがたいと思います。ただ日照は、少し悪いかもしれませんので、植え付け場所には注意が必要ですね。

あとは、要因として株や葉の乾燥があるみたいですが、10月に入ってから気温の低下とともに、水やりの頻度は少なくしてきました。それでも、2~3日に1回のペースでは水やりもしていたので、そんなに乾燥による影響はないと思います。

この時期なら農家さんだって毎日水やりはしていないはずです。だいたい天気に任せて水やりをするくらいにしていると思います。なので、乾燥は考えられにくい。

とすると・・・

アブラムシ発生の原因は?

やはり

植え付け後、2週間での化成肥料による追肥で大量発生したことが原因だと思います。

指導書による追肥のタイミングで今までやってきましたが、ちょっと頻度的に多すぎるような気がしますね。大根、白菜、キャベツ、レタス、どれも追肥のペースは、2週間に1回と記載があります。

あれを鵜呑みにしない方がいいのかもしれませんね。根拠があっての追肥のタイミングであると信用しているのですが、どうなんでしょうか?

今後の対策

今後の対策として、どのようなことをすればいいのか。今回のことから考えられる対策を記載しておきます。

追肥のタイミングを考える

今回の失敗は、肥料を与えるタイミングが早かった?もしくは肥料過多になったために、窒素成分が多くなりすぎ大量のアブラムシが発生したと考えています。

指導書に書かれている植え付け後2週間から、2週間に1度のペースで追肥をするという記載を目安程度に考え、少し色々な方の肥料のタイミングを参考にしてみたいと思います。

木酢液を使用する

今まで1度も使用したことが無いですが、アブラムシに効くとのことですので、次回は、植え付け後より散布してみようかと思います。

出来る限り薬は使いたくないので、この木酢液で一度試してみます。

もみ殻くん炭を使用する

白菜の土づくりの時には、もみ殻くん炭を使用する。

作物に付く害虫でとても厄介な「アブラムシ」は、この籾殻くん炭の臭いが嫌いなため、土壌表面に薄くまくことで害虫忌避効果もあります。

おしえて!田舎センセイ!

結局白菜はどうするの?

たけぞうさん
たけぞうさん

どうしようかな。ガムーテープで捕ってみようかな。

嫁

あれはダメなんじゃない?付いてる量が半端ないよ?アブラムシ半端ねーって感じするけど。笑

たけぞうさん
たけぞうさん

やってみた。結論から言うと、外は捕れても中は無理。外もすべて綺麗にするのは無理・・・。時間かかりすぎて気が遠くなる。

結論を言うと、今回の白菜の株は、全て撤収しました。

白菜を撤収した理由
  • あまりにもアブラムシが付いていて全部を捕るのは時間がかかる
  • 羽根つきのものもいたので、病気の媒介になって欲しくない
  • 隣のキャベツには被害が拡大しないで欲しい

以上のことから、やむを得ず撤収することにしました。

さいごに

今回は、白菜のアブラムシ大量発生を受けて、その原因を考えてみました。

アブラムシの大量発生の原因は、植え付け後、2週間での化成肥料の追肥だと結論付けました。

肥料のやりすぎは良くない

これは知っていましたが、指導書に書かれている通りにしてこのようになるとは、考えていませんでした。指導書なんてものは、あくまで目安として書かれているものですから、あれが全てではありませんね。

野菜づくりはその時々の状態に合わせた育て方をしないといけませんので、一番いいのは野菜が今どのような状態であるのかを考え、見極めて、育てていくということ。

今の私に必要なことは、まずは野菜の生長にしっかりと向き合い、そのタイミングを見極める目を養う必要があるということでしょうか。

いい勉強になりました。今後は、しっかりと向き合って野菜づくりに励んでいきたいと思います。

今回の教訓
  • 追肥は、野菜の状態をみて判断して行う
  • 植え付け場所の日照を考える
  • 木酢液を散布して初期からアブラムシの対策をする
  • もみ殻くん炭を使用して、アブラムシ等の害虫を忌避する効果を狙う

次回に活かしていきたいと思います。

昨日、追肥した大根も2週間に1回の頻度で追肥しているけど大丈夫かな?心配になってきました。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です