トウモロコシの栽培記録 トウモロコシの人工授粉とヤングコーンの収穫

前回、トウモロコシに雄穂が出てきたので追肥をしましたが、相変わらず草丈はあまり伸びずちんちくりんのままです。

雄穂が出てきてから1週間ほどして雌穂も出てきました。花粉の飛散が始まったので、雌花に人工授粉させました。

トウモロコシの人工授粉とヤングコーンの収穫

トウモロコシは、雄穂が出てくると雌穂が出てきます。雌穂が出てくると雄穂から花粉が飛散するようになるので、雄穂を揺らして花粉を飛散させ受粉させます。

人工授粉

今回は、確実に受粉させるように人工的に受粉させます。一般的には雄穂を持って揺らすだけですが、私の場合は、雄穂を切り取り、直接雌穂に花粉をつけます。

人工受粉のやり方

雄穂を切る
雌穂に雄穂の花粉をつける

人工授粉をさせるだけなら、雄穂を揺らして花粉を飛散させるだけでいいのですが、トウモロコシの場合は、雄穂が害虫の被害を招いてしまう恐れがあるため、花粉の飛散が終えると切り取ってしまいます。なので、トウモロコシの雌穂が出てきたら、雄穂を切り取って人工授粉をさせています。

アワノメイガの被害

トウモロコシの害虫被害といえばアワノメイガです。雄穂(雄花)は、花粉の飛散後に放っておくとアワノメイガの被害に遭いやすくなります。アワノメイガはこの雄穂につられてやってきて、卵を生みつけ、その幼虫がトウモロコシの実を食べてしまいます。

雌穂の先が切れていたら中に幼虫が侵入しています。そうなるとトウモロコシを収穫して中を開けない限りは駆除できませんので、受粉後は、すぐに雄穂を切り取り、アワノメイガの被害を回避しましょう。

対策

雌穂にストッキングを被せたり、不織布で覆ったりしてアワノメイガから実を守ります。実の肥大とともに伸縮するストッキングが良いようですが、被せるのになかなか手間がかかり面倒くさいです。

ヤングコーンの収穫(除房)

トウモロコシは、1本から数本の雌穂が出てきます。充実した実を作るために1本にだけにします。雌しべ(ひげ)が伸び始めたら折り取りましょう。

1本以上出ているところを全て除房して終了です。

こちらが除房したものです。この若い穂は俗にいうヤングコーンになります。

かなり小さいですが、ヤングコーンの収穫です。

雌しべ(ひげ)の一つひとつがトウモロコシの実に直結してるって知っていましたか?

このひげがしっかり受粉していると実の詰まったトウモロコシになりますよ。不十分だとところどころ歯抜けのように実の抜けたような感じになります。雌穂はしっかり受粉させておきましょう!

背丈の低いトウモロコシになる理由

今回の異様に背丈の低いトウモロコシになってしまった理由がわかりました。

トウモロコシは非常に肥料をよく吸う植物です。地中に残った肥料を吸いつくすことを目的に植えられることもあるくらい吸肥力の高い作物なので、肥料が足りないと、実が太らなかったり、草丈が低いまま雄穂がついたりします。

マイナビ農業より

肥料食いなのは知っていましたが、肥料が少なかったせいで育ちが悪かったとは気付きませんでした。普通に規定量(30g/㎡)の追肥をしただけでしたので、少なかったようです。

もぐみんさんのように少し多めに肥料を入れた方がよかったかな?というか、元肥があるとはいえ、1本立ちにして植え付けた時に、しばらくしてから追肥した方がよかったのかもしれません。肥料不足でちんちくりんになったなんて…どんだけ大食いなんだトウモロコシは。

第2弾のトウモロコシの発芽

先月末に種まきをした第2弾のトウモロコシですが、無事にすべて発芽していました。

種まきから約1週間くらいです。たぶん5日くらいで発芽していたと思います。この時期は直播でも十分発芽が早いですね。まだ芽の小さいところもありますが、不織布を外しました。これからの生長が楽しみです。

今後の作業

第1弾

収穫

受粉から20~25日経過し、ヒゲが茶色く変色してきたらた収穫のタイミングです。

第2弾

間引き

本葉2枚になったら2本に、草丈20cmくらいで1本に間引きます。

追肥

1本立ちにした時に追肥します。

さいごに

トウモロコシの人工授粉をしました。まだ雌穂が出ていない株もあるので、出てきたら順次受粉させていきます。早いもので今月末に収穫できそうです。肥料不足のために生長が悪かった第1弾のトウモロコシですが、なんとか実の詰まったトウモロコシができることを祈っています。

第2弾のトウモロコシも無事発芽したので良かったです。この第2弾のトウモロコシは肥料切れを起こさないようにしっかり追肥していきます。これから梅雨時期に入りますので、水切れの心配はないので大きくなって欲しいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です