トウモロコシの栽培記録 暴風対策の強化と第2弾のトウモロコシの2回目の追肥

先月末に1回目の追肥をしてから2週間経過しました。

先日の暴れ梅雨のせいでまたトウモロコシにも被害が出ました。先月、強風でトウモロコシの苗が倒されたため、倒壊防止用の支柱を立てて対策していましたが、思ったよりも苗の生長がよく支えきれずにまた倒れてしまいました。

そこで、2段目の横支柱を立てて補強しておきました。

その後、何度も強風に煽られましたが、無事に現在まで乗り越えています。

今日トウモロコシを確認すると雄穂が出てきていたので、追肥をすることにしました。トウモロコシの2回目の追肥です。

追肥のやり方は、第1弾のトウモロコシの栽培の時にやりましたので、詳しくはそちらをご覧になってください。

やることは簡単です。マルチを剥がして追肥する。これだけです。マルチを剥がさずに追肥だけでもいいと思いますが、これから梅雨が明けると気温が一気に上昇し、地温も上がってきますので、地温の上昇効果の高い黒マルチをしたままだと地温が高くなりすぎて野菜の生育に影響を及ぼしてしまいます。なので、このタイミングでマルチは剥がしています。

追肥については、これが収穫までの最後の追肥になりますので、肥料の量を多めに施しておこうと思います。トウモロコシは肥料食いなので、肥料不足になると実つきが悪くなってしまいます。

今回はこれで終了です。第1弾の時は、追肥の量が少なく生長しきれずに収穫に至ってしまったので、今回はしっかりと追肥をしました。これで収穫まで肥料不足にならずに生長すると思います。今後の生長に期待ですね。

あと1週間もすれば全ての株から雄穂が出てくると思いますので、また人工授粉をしてしっかり実が入るようにしたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です