トウモロコシの栽培記録 第2弾のトウモロコシの種まき 直播栽培

ニンニクの栽培が終了したので、空いた畝に第2弾のトウモロコシの栽培を始めました。

第2弾のトウモロコシの栽培開始

4月下旬に植え付けをした第1弾のトウモロコシですが、どうも様子がおかしいです。雄穂が出て来ているのに草丈が70~80cmと全く大きくなっていません。

例年通りなら直播してトウモロコシを栽培するのですが、今年は育苗にチャレンジして苗を落とし込み栽培で育てていました。順調に生長していると思っていたのですが、なんか失敗する臭いがプンプンするので、第2弾のトウモロコシを直播して育てることにしました。

トウモロコシの畝の土づくり

ニンニクの跡地に土壌改良に腐葉土、酸度調整にもみ殻燻炭、元肥に牛糞堆肥と化成肥料を入れて土づくりをしました。マルチを張り準備万端です。雨が降るのを待ちたかったのですが、時期が時期だけに早く種まきをしたかったので、今回はやむを得ずすぐにマルチを張っています。

トウモロコシの種まき

植え穴を開ける

株間30cm、列間45cmで植え穴を穴掘り君で開けています。

種まき

トウモロコシのタネが少なかったので、各穴に2粒ずつ蒔いています。picは3粒ですけどね。

乾燥予防対策

種まき用土で覆土をして、もみ殻をかけています。

最後に不織布を掛けて終了です。

トウモロコシのタネは鳥に狙われやすいので必ず不織布をかけておきましょう。乾燥予防にもなるので一石二鳥です。

使用した菜園道具や資材

今後の作業

間引き

発芽した本数にもよりますが、草丈20cmほどになったら1本にします。

追肥

1本立ちにした時に1回目の追肥、雄穂が出て来た時に2回目の追肥をします。

人工授粉

雄穂が長く伸びて花粉を散らすようになると、下部の雌花が開花し始めます。雄穂を手で揺らして花粉を飛散させ、雌花の絹糸に受粉させます。

花粉の飛散が終わったら雄穂を切り取ります。

雄穂を取る

アワノメイガの被害が増えるのを避けるためにも花粉の飛散が終わったら切り取ります。

除房

1株で数本の雌穂がでますが、充実した実を作るために一番上の1本を残して他を折り取ります。

収穫

受粉から20~25日経過し、ヒゲが茶色く変色してきたらた収穫のタイミングです。

さいごに

第2弾のトウモロコシの種まきをしました。もう時期的に最後の種まきだと思います。これでももう遅いかな?と思います。あまり遅いと実の入りが悪くなるんですよね。ずらし蒔きをして一度栽培したことがあるんですが、7月頃に収穫したものと8月になってからのものだと、かなり実の入りや品質に差がありました。美味しいトウモロコシを収穫するためにも蒔き時は早い方がいいです。

私の予想では、第1弾のトウモロコシは失敗すると思うので、この第2弾のトウモロコシは害虫被害にあわず育って欲しいです。多分難しいと思いますが・・・。人工授精が終わったら防虫ネットや不織布掛けて実を守ろうと思います。それにしても今年の夏野菜の栽培は、どうしてこんなに問題ばかり発生するんだろう。上手く行かない時はとことん上手く行きませんね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です