キュウリの栽培記録 キュウリのつる下ろしと追肥 二番果までの収穫終了!

今年の梅雨は、激しい雨と強風で各地で多大な被害が出ていますね。最近は、ホントに自然の猛威に恐怖するばかりです。

我が菜園も少なからず被害が出ています。キュウリにも葉が強風に煽られてボロボロになってしまいました。

翌日、葉を綺麗に取り除きました。それでも痛々しい姿です。先月までは葉が生き生きと展開して立派に生長していたのに。

この後も雨が降れば強風ばかりで、菜園の野菜たちはもうボロボロです。ですが、キュウリはそんな中でもしっかりと新芽を伸ばして大きくなってきました。今日確認すると支柱の高さに達していたので、つる下ろしをすることにしました。

今日のキュウリの様子

キュウリのつる下ろし

さて、キュウリのつる下ろしですが、簡単だと思っていましたが、意外とやることが多くて面倒臭かったです。キュウリの誘引は、茎止めクリップを使用しているので、これを外せばすぐに下ろすことは可能です。

問題は、キュウリ自身が伸ばしたツルを解いてあげないといけないことです。それを解きながらツルを下ろします。また下葉の処理もしないといけないのでやることは多いです。まずはこの一番生長の早い豊美二号をつる下ろししていきます。

まずは下のpicの青丸のキュウリを収穫、そして茎止めクリップを外して黄色のラインまでツルを下ろします。その後、赤四角の辺りが地面に降りていると思うので、その部分の下葉をすべて取り除きます。

黄色のラインまで下げてしまうと葉が地面に着きそうだったのでこのくらいにしました。残りのシャキット3株も同様につる下ろししました。

ツルは地面に折れないように下ろしました。トグロを巻くように下ろすといいようですが、なかなか思うように巻けませんでしたので、こんな感じで下ろしています。

つる下ろしを無事終えました。簡単に済むと思っていましたが、思ったより大変な作業でした。ついでに追肥をしておきました。

※追肥の写真を撮り忘れました。

追肥はいつものことなので写真がなくても分かると思いますが、今回は化成肥料と液肥を使いました。

化成肥料は、マルチの裾を開けてまいて、液肥は、水やり用ペットボトルから施しておきました。

これからどんどん新たな葉を展開して大きくなって欲しいです。強風でキュウリの実がダメになってしまいましたが、上の方はしっかりと良い実が残っていたので、これからが楽しみです。

キュウリの収穫状況

前回、豊美二号の一番果を収穫しましたが、今日までに豊美二号とシャキットの二番果までの収穫を終えました。

今日は、キュウリのつる下ろしと追肥をしました。キュウリは先日の暴れ梅雨のせいで葉がボロボロになってしまいましたが、まだまだしっかりと生長を続けています。つる下ろしをしたので、新芽をまた伸ばしていくと思います。新たな葉を展開すれば今後もたくさんキュウリを収穫できると思います。今後の生長に期待ですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です