枝豆の栽培記録 枝豆の収穫 枝豆の放任栽培 満足いく収穫でした!

最近、ブログの更新が滞っていましたが、今日からまた順次更新していきます。今年の梅雨は風が強いのが特徴的ですね。暴れ梅雨というらしいのですが、この強風のせいで菜園にも様々な被害が出ております。

その件については、また後日書いていきたいと思います。Instagramの方が、その点においてはリアルタイムに更新していますので、是非ご覧になってください。

さて今日は梅雨の晴れ間の間に枝豆の収穫をしました。

枝豆の収穫

枝豆は、5月1日に植え付けをしてから2ヶ月が経過しました。

枝豆の収穫までのおおよその期間は2ヶ月半〜3ヶ月ですが、枝豆の実を見るとかなりパンパンになているのでお試しで収穫してみました。

枝豆の試し採り 7月1日

枝豆は1ホールに2株ずつ、全部で18穴植えつけ栽培しています。現在、防虫ネットがパンパンになるほどに生長しています。

早速収穫してみました。収穫した枝豆は2株ともに実つきがよくいい感じで育っています。けっこう実がふっくらと膨らんでいますね。今回は、2穴だけ収穫しました。美味しそうです。

自分で言うのもアレですが、なかなか綺麗な枝豆です。すぐに塩茹でしていただきました。

まだたくさんあります。奥の方も実つきが良さそうで、実の膨らみもしっかりしていてもう少しで採りごろかもしれません。

Instagramにも掲載してたくさんの方から素敵なお言葉をいただきました。ありがとうございました!

2回目の収穫 7月5日

収穫時期の適期は、7月中旬頃なのですが、また枝豆が欲しいと奥様がいうので収穫しました。ついでに実家にもお裾分けするために多目に収穫しました。今回も実つきがよくしっかり膨らんでいます。

今回の収穫は、実家に2穴分、我が家には、6穴分を収穫しました。実家の収穫分は写メを撮り忘れましたが、なかなかの収穫量です。実家分を入れると1.5倍の収穫量です。

先日より枝豆の収穫を始めましたが、残りは8穴分です。これはもう少し7月中旬の収穫適期まで置いておこうと思います。

枝豆の最後の収穫 7月12日

7月中旬に差し掛かろうとしていますので、枝豆の残りの収穫をしました。前回の収穫からちょうど1週間後です。

8穴分すべて収穫しましたのでかなりたくさんあります。豆の膨らみ具合も良くすぐに塩茹でして冷凍保存しました。

枝豆の放任栽培について

今回の枝豆栽培は、特に何もしていません。枝豆栽培で有名な断根・摘芯はしていません。また植え付け時より防虫ネットをかけっぱなしにして収穫までそのままです。なので、追肥も一切していません。ホントに収穫まで放置です。やった事といえば水やりくらいですね。

それでもここまで大きく立派になります。今回の枝豆の生長には満足です。

たけぞうさん
たけぞうさん

マメ科の野菜の根には根粒菌が寄生していて、野菜から養分をもらう代わりに、空気中のチッ素を取り込んで野菜に供給しています。マメ科の野菜は、チッ素分が少なくても育ちますが、多すぎると葉や茎ばかり茂り、実つきが悪くなる「つるボケ」になってしまいますので、注意が必要です。

私は、このつるボケにならないためと、チッ素過多によるアブラムシなどの害虫を寄せ付けないようにするために、植え付け後は一切追肥していません。それでもこれだけいい枝豆が収穫できるので、この栽培方法をずっと続けています。

今年の枝豆の収穫は終了しました。今回も断根・摘芯なし、追肥なしの放任栽培でしたが、満足のいく出来で嬉しいです。今回の枝豆は9列18穴植えていましたが、収穫が始まるとすぐになくなってしまいますね。

枝豆は草丈が低く、防虫ネットに守られていたので、今年の激しい暴れ梅雨にも負けずに耐え忍んで無事にすべて収穫できました。欲を言えば、もっと数量が増やせるといいのですが、我が菜園ではこれが限界かな?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です