ナスの栽培記録 ナスの植え付け 接木苗の植え付けは気をつけよう!

今日は、朝6時に起きて早朝から夏野菜の植え付けを頑張りました。(*^^)v

今日植え付けしたのは、ナス・ミニトマト・キュウリ・ピーマンです。途中でエンドウの撤去作業をしたりしましたので、かなりバテました。(>_<)

購入した苗は、ナス4苗、ミニトマト3苗、キュウリ4苗です。てしまの苗屋さんで購入しました。かなり有名な苗屋さんです。評判も上々のようですので購入してみました。おまけで加茂那須が入っていました。ありがとうございました。m(_ _)m

って、「おいおい、たけぞうさん育苗してなかった?」という声が聞こえてきそうですが、そうです・・・私は育苗していました。ただこのゴールデンウィーク明けの植え付けにまだ苗が小さくて間に合いませんでした。

「大きくなるまで待って植え付ければいいのに・・わざわざ買わなくても」と言われそうですが、早く食べたいのでこのタイミングで植え付けしたかったのです。自家製苗を待っていると、植え付けがいつになるか分からないので待ちきれませんでした。(´艸`*)

では、さっそくナスの植え付けをしていきましょう。

ナスの植え付け

購入したナスの苗

植え付けの工程

植え穴の準備

まずは、植え穴の位置決めです。今回は株間50cmの1条植えです。ナスは主枝を基本として2本仕立てや3本仕立てなど仕立て方が人により様々ですが、収穫のしやすさから1条植えが基本になります。

株間50cm
穴掘り君で植え穴を開けます
植え付け前の準備
苗に吸水させます。
植え穴に注水します
水が引いたら植え付けます
植え付け

まずは、千両二号から2株植えます

続いて黒陽1株

そして米なす くろわし1株

最後に、おまけで頂いた加茂那須1株です。

これらを植え付けて終了です。

ナス 5株植え付け終了!
接木苗

そうそう、よく最近ミニトマトなどで寝かせ植えという方法で植え付けをされている方が多いです。あれは、土に埋めた茎から不定根がたくさん出て、樹勢が長く維持でき長期取りできるというものです。

しかし接木苗は、ご覧のように、病気などに抵抗力のある台木にくっつけているので、繋いだ所の上まで土に入れてしまうと、そこから本来の品種の根が出てしまうので意味がなくなります。なので、接木苗を使う時は、普通植えしかできません。

※接木苗は、連作障害にならないわけではありません。実生苗より病気の抵抗力が強くなる場合もありますが、連作障害に絶対にならないということはないので注意してください。

支柱(仮立て)

支柱を立てました。今年は3本仕立てにするので垂直の支柱を仮立てしました。1本だとグラつくので横支柱入れて固定しています。3本仕立てにする時に外します。

ポイント!

接木苗を使うなら、台木の芽が株元から出て伸びてくることがあるため、見逃さずに摘み取りましょう。

今回使用した菜園道具や資材

今後の作業

支柱立て

根付いて生長を始めたら株のわきに150~180cmの支柱を垂直に立て、一番花のあたりで交差するように支柱をさします。自分の仕立て方に合わせて支柱を追加してください。結束バンドで固定すれば簡単です。

整枝

3本仕立て:一番花の下の脇芽を2本選んで伸ばし3本に仕立てます。それ以外の脇芽は摘み取りましょう。

4本ん仕立て:一番花の上の勢いのある脇芽を1本選んで追加で伸ばし4本に仕立てます。

伸ばした脇芽は、それぞれ立てた支柱に誘引します。

一番果の若どり

株の生長を優先させるため、一番果、2番果は、長さ8~10cmで若どり(摘果)します。

追肥

マルチをめくって化成肥料30g/㎡を追肥します。鍬で土と肥料をよく混ぜましょう。

収穫

収穫適期の大きさは品種によりますので、収穫前に必ず調べておきましょう。朝、涼しいうちに収穫すると日もちがよくなります。

水やり

「ナスは水で育つ」といわれるくらいで、水が不足すると、生育が悪くなって収穫量が上がらないだけでなく果実のツヤがなくなります。

雨が少ないとハダニやアブラムシなどの害虫が発生しやすくなりますので、水やりを兼ねて株全体にシャワー状の水をかけて害虫を洗い流します。

更新剪定

暑さで実付きが悪くなる7月下旬~8月上旬ころに、枝や根を切り詰めて株を休ませ、追肥と水やりでリフレッシュさせると、8月後半~10月頃まで秋ナスを楽しむことが出来ます。

さいごに

今日は、ナスの植え付けを行いました。今年は、4品種、5株と多いので収穫が楽しみです。育苗している千両二号と米なすは、大きくなったらプランター栽培にしますよ!

ナスを植え付けたので、ホットキャップ(行燈)をしようか迷ったのですが、毎年なくても大きくなってるから大丈夫かな?と安易に考えてます。もし気温が下がるようなら考えようかな?今年も美味しいナスがたくさん出来ますように!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です