ナスの栽培記録 ナスの追肥 知らなかったナスの追肥のタイミング

7月末に株をリフレッシュさせるため更新剪定を実施し、その後、順調に脇芽を出して新しい葉がたくさん生えてきました。

先日、それを整枝して実が大きくなり、いくつか収穫することが出来ました!

ただナスの葉が丸まっていることが、先日より気になっていました。乾燥や肥料不足が考えられるとのことですが、更新剪定時に肥料は施していたことから様子を見ていました。

しかし、先日の大雨以降も葉の丸まりは解消できていなかったので、肥料不足を疑い追肥をすることにしました。

注意
肥料過多は、葉の色が濃いとその可能性があるので注意して観ておきましょう。

更新剪定後、約1カ月以上が経過しようというこのタイミングですから、肥料過多にはならないだろうと思いますが、肥料過多で害虫を招くのだけは避けたいため調べてみました。そもそもナスって追肥の頻度はどの程度なのか、2週間に1度の頻度と思っていますが、どうなんでしょうか。

ナスの追肥について

追肥のタイミングや頻度

植え付けから3週間後に1回目の追肥を行います。ボカシ肥や鶏糞を株間にまきます。
ナスは次々と収穫するので、継続的に多くの肥料が必要になります。
1回目の追肥以降は、2週間に1度のペースで追肥。追肥は根の先端に施すようにします。
枝葉の広がりと根の広がり方はほぼ同じなので、追肥場所は葉の先端が目安です。

やまむファームさん
たけぞうさん
たけぞうさん

なるほど、2週間に1回の頻度は間違ってなかったな。

これは更新剪定した後も同様に追肥が必要なんだろうね。とすると、完全に肥料不足だったのかな・・・

嫁

そうかもね。

追肥のタイミングは花を見る

肥料が足りているかどうかは、ナスの花を見て、雄しべと雌しべの長さを見るとわかります。ナスは1つの花の中に雄しべと雌しべがついています。中心に1本だけある白いのが「雌しべ」、その周りを囲むように複数本ある黄色いのが「雄しべ」。

雌しべが雄しべよりも長くなっていると肥料が足りている証拠。逆に、雌しべが雄しべに埋もれて見えない場合は肥料不足のサインなので、すぐに追肥してやりましょう。

やまむファームさん
たけぞうさん
たけぞうさん

なるほど。こうやってナスの肥料のタイミングを計ることもできるんだ。勉強になるな~。

嫁

これで次からは大丈夫だね。

ナスの花

これからナスの花の様子も気にかけて観ていきます!

追肥

野菜は、根の先端から肥料を吸収するので、根が伸びる先に肥料をまくのがセオリーです。では、その根の先端ってどこだと思いますか?野菜の根の先端は、その葉の真下くらいにあるといわれています。ですので、この場合、肥料を施す場所は、畝片~通路あたりに施すのが正解です。ということで、通路に化成肥料を30gまいておきました。

通路にまいた化成肥料はしっかりと土と混ざるように耕しています。これでもう少し頑張ってほしいなと思います。

使用した菜園道具や資材

さいごに

色々調べましたが、結果的にナスの追肥のタイミングはかなり遅かったようです。更新剪定した時に結構な量(根切りの4箇所に30gずつ)を追肥したので大丈夫と思ってました。次からは気を付けたいと思います。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

この菜園で収穫したものは、インスタやツイッターに投稿しています。収穫した野菜で作った料理なども掲載していますので、良かったら見てください!!

今日の一品

昨日の一品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です