インゲンの栽培記録 インゲンの栽培 つるありなしモロッコインゲン

4月下旬よりつるなしモロッコインゲンを育苗して、5月初旬に植え付けまでしていたのですが、インゲンの栽培記録をずっと書いていないことに最近気づきました。5月下旬には、つるありモロッコインゲンの種まきをしていました。

今回、まとめてそれらの記録をしたいと思います。

つるありモロッコインゲンの栽培

つるありモロッコインゲンの種まき 5月21日

プランターにつるありモロッコインゲンを種まきしました。

給水機能付きプランター 深型600が2つ残っていましたので、それに種を蒔いて栽培していきます。2つあるので、比較栽培と行きましょう。

左が自作培養土、右がタキイの最高級培養土です。今回の自作培養土は、赤玉土の小粒がなく中粒を使用しています。中粒は、あまり培養土では使用しないのですが、小粒がなかったので仕方なく使用しています。

種まき

インゲンの種
種まき

指でまき穴を開けて、タネを蒔きます。上が自作培養土、下がタキイの最高級培養土です。

不織布をかける

種まきした後、覆土をしてプランターに不織布をかけて鳥害から予防します。

自作培養土のインゲンの発芽と支柱立て 5月29日

自作培養土のインゲンが発芽したので、不織布を外して支柱を立てました。タキイの最高級培養土の方は、まだ発芽していないようです。

タキイの培養土のインゲンの発芽と支柱立て 5月31日

タキイの最高級培養土のインゲンも発芽しました。不織布を外して支柱を立てました。発芽したのは、ちょうど2本ずつですね。

つるなしモロッコインゲンの栽培

つるなしモロッコインゲンの植え付け 5月8日

プランターに育苗をしていたつるなしモロッコインゲンの苗を植え付けます。

植え付け

培養土を入れる

プランターに鉢底石を敷いて培養土を入れます。

苗の植え付け

育苗をしていた苗です。かなり失敗してしまったインゲンの苗ですが、試しに植え付けます。

支柱を立てる

インゲンの苗は、弱々しく徒長気味なので、支柱で支えておきます。

つるなしインゲンが順調に生長

つるなしインゲンが植え付け以降、水やりをして様子を観ていましたが、左下の苗は早々に枯れてしまいましたが、他の3箇所は無事生長しています。

使用した菜園道具や資材

【種】つるなしインゲン つるなしモロッコ (S-38)【クーポン配布店舗】

今後の作業

間引き

つるありモロッコインゲン:本葉が開いた株を、1穴あたり2本に間引きます。

追肥

プランター栽培のインゲンは追肥なしで育てます。

収穫

長さ12~15cmになったさやを収穫します。豆の粒が目立たないうちが柔らかくて美味しいです。

さいごに

つるなしインゲンは順調に育っています。育苗の時には、もうダメかと思いましたが、なんとかここまで大きくなりました。まだ花は咲いていないようですが、そろそろ咲くかもしれません。

つるありインゲンは発芽しました。自作培養土の方が発芽が早かったですが、タキイの最高級培養土の方もなんとか発芽しました。これからの生長が楽しみです。

インゲンは以前も育てていましたが、そんなに発芽率が悪い印象はなかったですが、モロッコインゲンの栽培が難しいのでしょうか。インゲンはつるあるなしを3つのプランターで栽培しています。大きくなってたくさん収穫したいですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です