ニンジンの育て方 栽培方法と育て方のコツ

ニンジンを育てよう!

ニンジンは、細長い東洋系と、太くて短い西洋系に大別されます。現在、出回っている多くは西洋系で、育てやすく家庭菜園におすすめです。発芽するまでがとても重要で、種まき後の土は薄くかけ、常に土が湿っている状態を保ちましょう。

ニンジンの特徴

科目土壌酸度株間収穫まで連作障害
セリ科pH6.0〜6.515cm(マルチ栽培)3〜4か月あり(輪作年限2〜3年

ニンジンは発芽させるのがとても難しい野菜です。土壌を乾燥させないように対策をして発芽率をUPさせましょう。

栽培のポイント!
  • 種まきは土を薄くかけて圧着する
  • もみ殻や不織布で乾燥予防する
  • 発芽まで常に土が湿っている状態を保つ

ニンジンの栽培スケジュール

ニンジンの栽培スケジュールは次のようになります。

ニンジンの夏まきは、通常だと8月上旬までが種まきの適期ですが、8月下旬頃に少しずらして遅まきをした方が、奇形裂根が少ないらしいです。

たけぞうさん
たけぞうさん

7月下旬~8月上旬は夏の間の一番の猛暑なので、ニンジンの発芽もかなり難しいと感じています。個人的には、遅まきした方が発芽率も違うのではないかと感じています。

ニンジンの栽培方法

ニンジンの栽培には、下記のステップがあります。

管理
  • 害虫対策
  • 間引き
  • 追肥
収穫
  • 間引き収穫
  • 収穫

STEP1 土づくり

野菜づくりには、土づくりがとても重要です。植え付け前に必ず野菜の種類に応じた土づくりをしておきましょう。

土壌酸度の調整

ニンジンの栽培に適した酸度は、pHは6.0〜6.5が目安です。有機石灰や苦土石灰を使用して土壌酸度を調整しておきましょう。

土壌酸度の測定の方法はこちら

pH投入量
pH5.0~5.5の時50g/㎡
pH5.0未満の時100g/㎡

※投入量はあくまで目安です。酸度を計りながら調整してください。

施肥

玉ねぎは、鱗茎が太ってできる野菜ですので、それほど地中深くまで根を張りません。なので元肥は、畝全体に行き渡るように全面施肥にて施します。

施肥量は、完熟牛糞堆肥3L/㎡、化成肥料100g/㎡、骨粉(熔りん)50g/㎡が目安です。植え付けの1週間前もしくは2・3日前に施肥します。

たけぞうさん
たけぞうさん

元肥の熔りんは、省くこともできますが、施すとオレンジ色が鮮やかになるのでおすすめです。

マルチング

ニンジンは通常は「すじまき」と呼ばれるまき方をして栽培しますが、私の場合は、すじまきが苦手なので、穴あきマルチを使用して「点まき」をしています。またマルチを使用すると肥料分の流出、土の乾燥、雑草を防ぐことができるので、ニンジンの栽培に適していると考えています。

たけぞうさん
たけぞうさん

マルチを使用する最大の利点は、種まきが簡単なこと!穴あきマルチを使えば、15cm間隔で穴が開いているので、すじまきと違い、穴の中に点まきで種をまくだけなので、間引きの手間が格段に楽に手軽に綺麗にできます。

市販の穴あきマルチは、何cm間隔で穴が開いているのか記載があるので迷うことはないと思います。15cm間隔に穴のあいた穴あきマルチを使用して、簡単手軽にニンジンの栽培をしましょう!

STEP2 種まき

ニンジンの種まきは、本来「すじまき」という方法で蒔くことが多いですが、前述した通り、私はすじまきが苦手なので、ニンジンの栽培は、穴あきマルチを使用した「点まき」で栽培しています。

種の違い

ニンジンの種にはペレット種子とネーキッド種子があります。

ペレット種子とは

小さくてふぞろいなタネを一定の大きさ・球状に加工して、蒔きやすくしたもの

たけぞうさん
たけぞうさん

一度吸水したあとに乾くと、タネのコーティングが堅くなり発芽しないので、発芽するまでは乾燥させないようにしましょう。

ペレット種子
ネーキッド種子

発芽しやすいように、堅い皮や殻を取り除いて裸状にしたもの

たけぞうさん
たけぞうさん

生長が早く発芽がそろいやすいなどのメリットがあります。

ネーキッド種子

種まき

種まきの準備

種まきは、穴あきマルチのミシン目を破って穴を開けます。

種まき

各穴に3粒ずつ種をまきます。

覆土

軽く土をかけて種と土を圧着します。

ニンジンのタネは好光性種子なので覆土は薄くかけています。

好光性種子とは…

光があった方が発芽しやすいタネのことをいいます。逆に光が無い方が発芽しやすいタネを嫌光性種子といいます。

乾燥予防

もみ殻

乾燥予防にもみ殻をかけます。

不織布

さらに不織布をかけます。

不織布は、ニンジンがある程度大きくなるまで掛けっぱなしにするので、余裕を持たせておきます。最後にしっかりと水やりをしてこれで終了です。

発芽させるのが非常に難しいといわれているニンジンですが、もみ殻と不織布を使用することで発芽率をUPさせます。この二つは、寒い時期には防寒にもなり、暑い時期には乾燥予防に役立ちますよ。

たけぞうさん
たけぞうさん

ニンジンの栽培は種まきのタイミングが重要です。出来るだけ雨の降る前日に種まきをすることをおススメします。特にペレット種子は一度吸水して乾燥するとコーティングが堅くなって発芽しなくなるようですので注意が必要です。

STEP3 管理

ニンジンの栽培は、発芽すると8割方終わっていると言われていますが、それでもやることはまだまだあります。

害虫予防

ニンジンの種まき後、発芽が揃ったら不織布から防虫ネットに変更します。

間引き

間引きのポイントは、生育の悪いもの、葉が欠けているもの、虫食いのあるものを優先的に間引いていきます。その他にも隣接するものを優先的に間引いてしっかりと根が大きくなるようにします。

たけぞうさん
たけぞうさん

間引き後には、しっかりと土寄せもしておきましょう。あと、除草も忘れずに!意外とまき穴には草が生えていまよ。

間引きのタイミング

ニンジンのマルチ栽培では、発芽した芽の本数で間引きのタイミングが変わります。下記を参考にして間引きを行いましょう。

3本に間引き

種まきの3週間後、本葉2〜3枚になった時に3本に間引きましょう。

2本に間引き

種まきから1ヶ月後、本葉4〜5枚に生長した時に間引きを行います。

1本に間引き

2本に間引いてから約1ヶ月後に間引きを行います。

たけぞうさん
たけぞうさん

それぞれ種をまく数が違うと思いますので、発芽した芽の数により間引きのタイミングを決めてください。

追肥

追肥は、各ホールに少しずつバラまき追肥していきます。

たけぞうさん
たけぞうさん

指導書などでは、追肥の量はなんでもかんでも30g/㎡となっていますが、あまり過剰に追肥をしてしまうと害虫を呼び寄せることになりかねませんので、追肥の量はやや少なめに施していきましょう。

ポイント!

ニンジンは初期生育が遅いので、雑草の勢いに負けてしまわないように除草も忘れずに行いましょう!

STEP4 収穫

収穫は簡単です。地際の根の直径が4〜5cmになったものから、手で引き抜いて収穫します。三寸系は種まきの90〜100日後、五寸系や金時などは種まきの120〜130日後が目安です。

間引き収穫

ニンジンを2本に間引いてから1ヶ月後に1本に間引きをしますが、その頃になるとニンジンはかなり大きくなっていると思います。間引きニンジンでも立派です!

収穫

ニンジンを1本に間引いてから約1ヶ月後、上記で説明した収穫時期を目安に収穫していきましょう。

石などがあり成長を阻害されると…

又根

採り遅れると…

裂根

裂根とは

ニンジンにひび割れが入る現象をいいます。生育後期の過湿などで土壌水分の急激な変化がきっかけとなり、根の内側と外側との生長バランスが崩れたことにより起こるのが主な原因です。また収穫期に裂根するのは、収穫の遅れによる過熟が原因です。

ニンジン菜・葉ニンジンは栄養満点!

ニンジンは生長すると葉がどんどん生茂ります。この立派なニンジンの葉、ニンジン菜は食べられるのか?ニンジン菜について調べてみると、とても栄養価が高いようなのです。

たくさんのカロテンを含みます

β-カロテンは、抗発がん作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

抗酸化ビタミンE

抗酸化力が強いことで知られるビタミンEが沢山含まれています。これには活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。
ビタミンEはこのほかにも、血管を酸化から守り、血行を良くする働きもあると言われています。

旬の食材百科より

さっそくこの間引き菜を胡麻和えにしてみました。味は春菊のような感じで、コレかなり美味しいです!(^^♪

たけぞうさん
たけぞうさん

間引きの時などにこのニンジン菜を捨ててしまっては勿体無いです。一度お試しください。

常々感じていますが、ホントに野菜って捨てるところがないですよね。(^^♪

まとめ

現在、多く出回っている西洋系のニンジンは、育てやすく家庭菜園におすすめです。ニンジンの栽培は、発芽するまでがとても難しく困難を極めますが、発芽した時の喜びは一入です。

種まき後の土は薄くかけ、常に土が湿っている状態を保つ必要がありますが、春まきはまだ保持しやすいですが、夏まきの場合はそれがかなり難しいので、諦めずに挑戦していきましょう!

どんな野菜でもそうですが、追肥は控えめに施すのが良いですね。窒素過多にならずに虫害もほとんどなく育ちますので、ニンジン菜も美味しく食べられます。やりすぎは虫が付きやすくなるだけですので禁物です。少ない位が調整が効きますのでそれを忘れずにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です