葉もの野菜の栽培記録 水菜・小松菜・ほうれん草の土づくり 元肥の投入

今日は、5日前に酸度調整をした葉もの野菜の畝に、元肥を投入しマルチングまで済ませました。

土づくり STEP5 元肥投入をしよう!

土壌酸度の確認

まずは、酸度調整が上手く行っているか再度測定し確認しました。

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

ん?ほぼ変わってない?畝を何箇所か測定しましたが、pH5.0~6.0の間でした。そんなすぐには酸度は変わらないのかな?

前回の石灰投入量は200gでした。結構な量を投入したと思いましたが、ここまで数値が変わっていないと少し心配です。追加で150gほど投入することにしました。

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

これでpH6.5くらいになってくれればいいけど

元肥の投入

ついでに元肥の投入もしちゃいました。有機石灰を使用していますので、動物質堆肥を同時投入してもガスは発生しません。

使用する資材は、お気に入りの牛ふん堆肥 有機エース有機入り化成肥料 888です。

全面施肥で投入します。しっかりと混ぜ込んでやや高畝で畝立てしました。

マルチング

今回の葉もの野菜の栽培も穴あきマルチを使用します。

パパッと済ませて完成です。

使用した資材

created by Rinker
¥2,520 (2020/04/05 05:07:55時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,180 (2020/04/04 20:32:23時点 楽天市場調べ-詳細)

今後の作業

水菜・小松菜・ほうれん草の種まき 2月下旬

元肥が馴染むよう1週間後くらいに種まきをしようと思います。

まとめ

第2弾の葉もの野菜の畝の土づくりが終了しました。マルチングまで済ませているのでいつでも種まき可能です。1週間くらい元肥が土壌に馴染むように寝かせて種まきをしようと思います。

土壌が弱酸性に傾きすぎているのは、ニラの冬越し作業で腐葉土を使ってマルチングをしていたせいだと思います。追加で有機石灰を投入したので、良い塩梅になってくれると嬉しいですが、どうなることやら・・・。

ニラの栽培記録 ニラのお礼肥えと冬越しのマルチング

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です