ニラの栽培記録 ニラのお礼肥えと冬越しのマルチング

先日、アスパラガスと同時にニラのお礼肥えと冬越し準備をしました。

ニラの冬越し作業

今年もニラは良く育ち美味しくいただくことが出来ました。9月頃には株分けをしましたが、少し茎数が多すぎたかなと思います。またすぐに込み合いそうですね。

ニラの株分け

ニラの株分け時期は、4月と9月です。ニラは茎数が増えてくると葉幅が細くなってきますので、株分けをして1株を大きく生長させていきます。やり方は簡単です。株を掘り起こして、茎数を3本程度になるように分け、植え付けるだけです。

お礼肥え

ニラの株の葉をきれいに刈り取り、軽く中耕してお礼肥えの牛糞堆肥を4.5~6L/㎡程度施しました。アスパラと同様に牛ふん堆肥 有機エースを使用しました。

ニラのお礼肥えの時期

ニラのお礼肥えは、1月にするという記載を以前どこかで見たような記憶があるのですが、うろ覚えで定かではないので、今回はアスパラと同時期に実施しました。分かる方がいらっしゃいましたらコメントくださいませ。m(_ _)m

腐葉土でマルチング

マルチングには、関東平野産 完熟 腐葉土を使用しました。

株は、そのまま放っておいてもいいと思いましたが、アスパラ同様に腐葉土でマルチングをしました。 ニラにも腐葉土でマルチングをしたのは、アスパラと同じ意味合いでのことです。

春先に元気な新芽が出て来てくれると思います。

さいごに

ニラは、生命力の強い野菜ですので、冬の時期に地上部が枯れて放っておいても何ら問題はありません。色々とやってみないことには何も分かりませんので、実際に自分で考えながらトライ&エラーを繰り返してやっています。

冬越し野菜の玉ねぎやニラは、マルチシートでマルチングをしていますが、風でバタつき保温効果が薄いような気がするので、あちらにも腐葉土のマルチングを上から追加しようか検討中です。

去年までは、そのままで冬越ししていましたが、今回は少し冬の間の保温を高めてみようと思います。どなたかマルチしてても腐葉土などでマルチの穴を塞いだダブルマルチングをしている方はいないでしょうか?いらっしゃいましたらコメントいただけたら嬉しいです。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です