ミニトマトの栽培記録 ミニトマトの比較栽培 普通植えと寝かせ植え

5/6 露地栽培、5/8 プランター栽培にそれぞれ植え付けをしたミニトマトですが、先日、一番花も無事に咲きだし、わき芽かきをしました。

今年のミニトマトは、最近流行りの寝かせ植えをしてみましたが、ただ寝かせ植えをしただけではつまらないので、普通植えとの比較栽培をしています。

ミニトマトの比較栽培

ミニトマトの栽培は、露地栽培とプランター栽培で5株ずつの計10株を栽培しています。比較栽培をしているのは、露地栽培の5株とプランター栽培の2株です。

まずは、露地栽培からです。

露地栽培

露地栽培では、接木苗は普通植え、自家苗は寝かせ植えにしています。接木苗は、評判がかなり良い信頼できる「てしまの苗屋」さんの苗を購入しています。

てしまの苗屋さんで購入の苗
  • ピンキー 2株
  • フルティカ 1株

一方、自家苗は、はじめての育苗で生長が乏しく、色々と失敗してしまった苗です。

自家苗
  • 千果 2株

現在、植え付けから約2週間経過しました。

ミニトマトの様子

一番最初のピンキー以外は、4株とも一番花が咲いています。わき芽も伸びており、一番花の下のわき芽だけ残して整枝しました。

普通植えの接木苗は、良い苗でもあるため、葉色も良く草丈も大きくすくすくと育っています。一方、寝かせ植えの自家苗は、やや葉色が濃く、寝かせた分だけ草丈が短いです。ただ育苗の時になかなか生長しないと心配していたことが嘘のように、しっかり育っています。

この普通植えと寝かせ植えのミニトマトは、一見するとその違いがわからないですが、角度を変えてみるとその違いが歴然でした。

普通植え

寝かせ植え

分かりますか?茎の太さが全然違うんです。これが寝かせ植えの影響かどうか定かではないですが、寝かせ植えをしたすべての苗の茎が、普通植えのそれと比べて明らかに太いです。またわき芽の育ちが、寝かせ植えの方が大きく育っています。

続いて、プランター栽培です。

プランター栽培

プランター栽培は、すべて自家苗の千果です。普通植えと寝かせ植えをしています。培養土の違いもなく、使用しているのはタキイの最高級培養土です。

植え付けからちょうど2週間になります。

ミニトマトの様子

自家苗の千果を植え付けています。どちらも一番花が開花して順調に生長しています。プランター栽培のミニトマトも一番花の下のわき芽以外は、整枝して摘み取っています。これでも違いが分かると思いますが、角度を変えてみるとその違いが歴然です。

普通植え

普通植え

寝かせ植え

寝かせ植え

分かりますか?ややpicの撮る距離が違いますが、それでも普通植えの苗は、草丈は高いですが、茎が細くわき芽もそれほど大きくなっていません。一方、寝かせ植えの方は、草丈は寝かせた分だけ短いものの、茎が太くわき芽の育ちもかなり良いのが分かります。

これは、個体差なのかもしれませんが、寝かせた分だけ根のはりが良く養分の吸収率が高いためではないかと考えています。また寝かせたことによる野菜へのストレスがこの違いに現れているのかもしれません。

たけぞうさん
たけぞうさん

ミニトマトの比較栽培ですが、初期生長でなかなか面白い結果がみられました。この二つの違いは、まだ今後どのように変化していくか分かりませんが、花の咲く数や実の付き方に変化がみられるかもしれません。

最後のピンキーも開花しました! 5月23日

なかなか一番花が開花しなかったピンキーにもその時が来ました。これですべてのミニトマトの一番花が開花しました。

今後の予定

ミニトマトの比較栽培ですが、樹勢の強さや花数、実の付きにどのような違いが出てくるのか楽しみですね。

樹勢の強さはどうか

主枝、側枝の樹勢の強さの違いを観ていきます。

花の数に違いはあるか

花の咲く数に違いが出てくるのかを観ていきます。

実の付き方に違いはあるか

実の付く数に違いが出てくるのかを観ていきます。

さいごに

ミニトマトの普通植えと寝かせ植えの比較をしてみました。初期生長では、茎の太さやわき芽の樹勢の強さの違いがみられました。この違いは、露地栽培、プランター栽培ともに同じような結果になっているので、寝かせ植えによる根のはりの違いがこのような結果に繋がっているものと考えています。

まだまだ初期生長の段階ですので、今後どのような違いがみられるか楽しみです。私の予測としては、寝かせ植えの方が、根からの養分の吸収が良いので、樹勢の強さや花数、実の付きまで大きく違いが出てくるのではと思っています。

今回一番嬉しいのは、育苗の時には生育不良で心配していた自家苗の千果が、大きく立派に生長してくれていることです。まだ植え付けサイズには小さかった千果を、早々に植え付けて良かったと思います。あのままポリポットのまま育苗していると老化苗になっていたに違いありません。植物の生命力は改めて凄いなと感心させられました。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です