ミニトマトの栽培記録 ミニトマトの植え付け 寝かせ植えに挑戦!

では、続いてミニトマトの植え付けをご紹介します。

てしまの苗屋さんで購入したミニトマトの苗は、ピンキー2株、フルティカ(中玉トマト)1株です。

購入したミニトマトの苗

ミニトマトは、株間45cmで植え付けるので、株数は5株植え付け可能です。残りの2株は、自家製の千果を植え付けようと思います。

ミニトマトの植え付け

では、さっそく植え付けましょう。

植え付けの工程

植え穴の準備

植え穴の位置決めです。株間は、45cmで1条植えです。大玉トマトの場合は、2条植えにすることが多いですが、ミニトマトは、樹勢が強いので一番花の下の脇芽を育て2本仕立てにして栽培します。そのため1条植えにしています。

株間45cm
穴掘り君で植え穴を開けます

ポイント!

土づくりの時の黒マルチから白黒マルチに変更しました。ナスも同様に変えています。黒マルチだと地温を高める効果があるので、真夏には逆に上がりすぎることになると思い白黒マルチにしています。初めて使用しますので、真夏に生育がどうなるか見ていきたいと思います。

植え付け前の準備

ナスや他の野菜の植え付けとやることは同じです。苗は吸水させておき、植え穴にはたっぷっりと注水しておきます。

植え付け 購入苗(接木苗)

まずは、ピンキーの2株から植え付けます。

ピンキー

続いて、フルティカ1株です。

フルティカ 中玉

植え付け方は、ナスと一緒です。接ぎ木苗なので、接ぎ目を埋めないようにして植え付けます。

接木苗
接ぎ目を埋めないように

3株を植え付けて終了です。

植え付け 自家製苗(寝かせ植え)

最後に、自家製苗の千果2株を植え付けます。育苗していた千果は、まだ他の苗と比べると小さいのですが、このまま温室でいつまでも管理するより、大地の力で大きくなってもらえたらと思い植え付けます。

自家製苗 千果
まだ小さいです

この千果は、実生苗なので植え付けは、寝かせ植えにします。寝かせ植えは、土に埋めた茎から不定根がたくさん出て根が増え、寝かせた状態から立ち上がろうというストレスがいい結果に繋がり、結果的に樹勢が長く維持でき長期取りできるというものらしいです。

埋める部分の下葉を取って
茎をしっかり土に埋めて寝かします

翌朝には、立ち上がってくるそうだけれど、さてどうでしょうか。

これですべての苗を植え付け終了しました。

支柱

支柱を立て誘引しておきます。脇芽を伸ばして2本仕立てにします。生長がすすみ脇芽が伸びてきたら2ほん、畝端に支柱を立て誘引していきます。

たけぞうさん
たけぞうさん

トマトはナスと違い、なぜ2条植え出来るのか…それは花の付く向きと実のなる向きが全ての花芽で同じだからです。そのため花の向きを収穫する方に向けておくと実の収穫もしやすいということです。

大玉トマトの苗は、充実した実がつく主枝1本仕立てにしますので、花の向きを収穫する通路側に向けて2条植えにすることが多いです。

苗が立ち上がってきた 5月7日

昨日、寝かせ植えで植え付けたミニトマトですが、翌朝になると茎がちゃんと立ち上がってきます。すごい生命力を感じますね。立ち上がってきたら支柱に誘引してあげれば大丈夫です。(*^^)v

今回使用した菜園道具や資材

今後の作業

支柱立て

ミニトマトの支柱立ては合掌式が多いと思いますが、合掌式は上部で支柱を交差させているため頑丈ですが、上に行くにつれ両側の間隔が狭くなってしまうため、ややミニトマトを栽培しにくいです。

今回は、アーチ型支柱を使用して出来るだけ上部でも間隔が狭くならないようにします。

整枝

主枝が支柱のところまで伸びたら誘引します、また第一花房のすぐ下のわき芽を伸ばして側枝とし、反対側の支柱に誘引します。2本仕立てです。

側枝とするわき芽以外はすべて摘み取りましょう。これをわき芽かきといいます。

人工授粉

第一花房の中の2~3輪が咲いたら、花の中心を柔らかい筆などでなでて受粉させます。茎をトントンと叩いて振動させても良いです。

追肥

ミニトマトは窒素過多になりやすい野菜です。あまり肥料が多すぎると「つるボケ」といって、葉ばかり茂って実がつかなくなります。ミニトマトの実がピンポン玉くらいになった時からスタートし、その後は2週間おきに追肥をします。

マルチをめくって化成肥料30g/㎡を追肥します。鍬で土と肥料をよく混ぜましょう。

摘芯

2本の枝が支柱の高さになったら先端を切って草丈を止めます。果房(かぼう)からみて2枚の葉を残し、その上の枝を摘芯します。汚れたハサミで切ってしまうと、病気に感染しやすくなりますので、必ずアルコール除菌などした清潔なハサミでカットしましょう。

収穫

ヘタ近くまで色づいたら収穫します。花房全体が色づいたら、花房ごと収穫しても良いです。完熟したトマトは、実を手で持ち上に軽く上げるようにすると簡単に房から採ることが出来ます。

たけぞうさん
たけぞうさん

トマトを甘く収穫するコツは、少し水分を控え気味に育てたほうが甘みが増します。また光合成がしっかりと出来ているか葉の状態を常に確認しましょう。

さいごに

今日は、ミニトマトの植え付けをしました。植え付けは、ナスと同じですが、ミニトマトの場合は、主枝と側枝の2本仕立てが収穫量が増えてお得ですよ。接ぎ木苗を使用しないなら、寝かせ植えが不定根が増え発育が良くなるということなので、一度試してみる価値はあるかと思います。私も今回、自家製苗の千果で初チャレンジです。

ミニトマトは家庭菜園では屈指の人気者です。初心者でも簡単に育てられるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?赤い実には、抗酸化作用のあるリコピン、黄色の実にはシス型リコピン、オレンジの実にはカロテンが含まれていますので栄養満点ですよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です