【プランター栽培】ミニトマトの栽培記録 ミニトマトの植え付け 比較栽培

今日は、プランターにミニトマトの植え付けをしました。育苗していたミニトマトの千果の苗がたくさんあるので、プランター栽培で寝かせ植えと普通植えの比較栽培をします。

今回使用する培養土は、キュウリやピーマンと同じメーカーのタキイ産ですが、前回使った培養土よりも価格が高い最高級培養土になります。

土の質感がかなり違いますね。どちらもふかふかな感じですが、最高級培養土の方が、畑の土に近い感じがします。

今回は、この最高級培養土を使っていきます。ではさっそく植え付けましょう。

ミニトマトの植え付け

植え付けの工程

培養土を入れる

まずは、プランターに培養土を入れていきます。

私が使っているプランターは貯水機能付きですので、その機能を使用する時は、鉢底石は使用しません。普通のプランターで栽培する時は、通気性を良くするために鉢底石をプランターの底に敷きます。

支柱を立てる

付属の支柱アームをプランターに取りつけます。

支柱アーム
4箇所取り付け

支柱アームの穴に8mmの支柱を入れて立て、支柱フレームを使って固定します。

支柱フレーム
支柱1800mmを使用

最後に支柱フレームのセンターに11mmの支柱を通して立てて完成です。

こんな感じになります
植え付け

ミニトマトの苗を植え付けます。1つは普通植え、もう1つは寝かせ植えで植え付けます。

植え付け前に必ず吸水させましょう

植え穴を開け、深さを確認したら植え付けます。まずは、普通植えから

普通植え

続いて寝かせ植えです。

寝かせ植え

今回の寝かせ植えですが、苗がセンターに来るように植え付けましたが、そうすると根鉢が端に埋められることになります。根が張りやすいように逆に苗を外側に向けて植え付けた方が良かったかもしれません。

まだ苗はあるので、次は逆にして植え付けます。

水やり

苗を植え付けたらプランターの底から水が出てくるくらいたっぷりと水やりをします。

寝かせ植えの苗が立ち上がりました 5月9日

5/8に寝かせ植えで植え付けた苗は、翌朝確認するとしっかりと立ち上がっていました。茎止めクリップで誘引しておきました。

ミニトマトの追加植え 5月9日

追加でミニトマトの苗を植え付けました。今回使用した培養土は、赤玉土6:腐葉土4で自作した培養土です。

自作から3日しか経っていないので、微生物がほとんど生育していない環境ではありますが、先に植え付けた苗にはタキイの最高級培養土を使用しているため、今回はあえて自作の培養土を使用しました。

比較栽培の環境としては、寝かせ植えで1株植えと2株植えにしています。先に植え付けた苗とは、培養土の違いによる比較栽培、また今回の2つは、1株植えと2株植えによる生育の違いをみる比較栽培です。

植え方は、前回の反省からプランターの外側に苗が向くようにしています。1本仕立てで育て、反時計回りにらせん状に誘引していきます。

苗が立ち上がりました 5月10日

5/9に植えた苗が立ち上がってきました。支柱に誘引するには苗が小さく届かないのでこのまま様子をみます。もう少し大きくなったら誘引しましょう。

今回使用した菜園道具と資材

今後の作業

基本的には露地栽培の時と同じです。

整枝

主枝が支柱のところまで伸びたら誘引します。主枝をらせん状に誘引していきましょう。プランター栽培では、1本仕立てにしますので、主枝以外のわき芽はすべて摘み取ります。これをわき芽かきといいます。

人工授粉

第一花房の中の2~3輪が咲いたら、花の中心を柔らかい筆などでなでて受粉させます。茎をトントンと叩いて振動させても良いです。

追肥

ミニトマトは窒素過多になりやすい野菜です。あまり肥料が多すぎると「つるボケ」といって、葉ばかり茂って実がつかなくなります。ミニトマトの実がピンポン玉くらいになった時からスタートし、その後は2週間おきに追肥をします

化成肥料10gを追肥します。液肥でも可です。液肥の場合は使用上の注意点を守って追肥しましょう。

摘芯

主枝(2本仕立ては側枝も)が支柱の高さに達したら先端を切って草丈を止めます。果房(かぼう)からみて2枚の葉を残し、その上の枝を摘芯します。汚れたハサミで切ってしまうと、病気に感染しやすくなりますので、必ずアルコール除菌などした清潔なハサミでカットしましょう。

収穫

ヘタ近くまで色づいたら収穫します。花房全体が色づいたら、花房ごと収穫しても良いです。完熟したトマトは、実を手で持ち上に軽く上げるようにすると簡単に房から採ることが出来ます。

さいごに

今日は、ミニトマトの植え付けをしました。今回はプランター栽培です。露地栽培でも育てていますが、育苗した苗がまだかなり残っているので、プランター栽培します。

苗がまだ小さいのですが、ポットで育苗していてもなかなか生長しないので、大型プランターに植え替えました。色々と失敗しているところもありますが、楽しみながらやっています。(^^♪

今年は、ナス科の野菜がいっぱいなので収穫時期が楽しみです。まだこれ以降もプランターでナス科の野菜を育てていきます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です