水菜の栽培記録 京みずなの種まき 失敗したリーフレタスとの混植

今日は水菜の種まきをしました。

種まきする畝は、昨日リーフレタスを植えたところです。リーフレタスの株間に種を撒いていきます!今回はリーフレタスとの混植です。

もちろん元肥は全面施肥で投入済み

土づくり 秋冬野菜の畝 元肥(牛糞堆肥と化成肥料)の投入

元肥の施し方はこちら

野菜づくりの基礎知識 野菜に合った元肥の施し方と畝の立て方

種まきの方法はこちら

野菜づくりの基礎知識 発芽を良くする種まきの方法と乾燥予防のコツ

水菜の種まきをご紹介します。

水菜の種まき

種まき前の準備
  • 畝の整備
  • マルチ張り
種まき

種まきの工程

乾燥予防対策
  • もみ殻
  • 不織布

STEP1 種まき前の準備

畝の整備

畝を立て表面を平らに均します。今回は平畝5㎝です。

マルチ張り

穴あきマルチを使用します。穴あきマルチは15㎝間隔でミシン目になっていて穴を空けられるようになっています。私は水菜、ほうれん草、春菊などの葉菜類は、穴あきマルチを使用して点まきします。ほぼ筋まきはしません。

たけぞうさん
たけぞうさん

穴あきマルチは、穴がミシン目になって好きなところを空けられる代わりに、ちょっとした衝撃で穴が開きやすいので注意してください!

STEP2 種まき

今回は、こちらを撒きます。

種まきの工程

マルチをはがして植え穴を開ける

まずは、穴あきマルチを30㎝間隔で空けます。

植え穴を作る

次に、穴に1㎝程度の溝を作ります。

種まき

水菜の種を点まきします。水菜の種は非常に小さいので適当にパラパラと撒きます。

覆土

最後に、軽く土をかけます。

STEP3 乾燥予防対策

種まき後に一工夫をすることで、発芽率が上がります。

もみ殻

種まきが終了した後に、 覆土した土の上に 乾燥予防のために 、もみ殻をかけます。

不織布

今回は、リーフレタスを先に植えていますので、ベタ掛けは出来ません。

使用した菜園道具や資材

<strong>水菜の種はこちらから</strong>

今後の作業

1回目の間引き

発芽したら生長の悪い芽を取り除きます。4株程度残して間引きます。

2回目の間引き

草丈7~8㎝、本葉4枚程度の時に 1本に間引き、化成肥料3gを株元に追肥します。

収穫

草丈25~30㎝程度に育ったらハサミで株元を3~4㎝程度残して収穫する。化成肥料30gを追肥するとまた生えてきます。株ごと収穫するなら株元で切って収穫します。

さいごに

今回は、水菜の種まきをご紹介しました。

昨日、リーフレタスを植え付けた畝なので、種まきするだけでしたので、すぐに終わりました。基本的には、種まきや苗の植え付けの工程は、やることが決まっていますので、毎回同じことの繰り返しです。

種まきの場合には、種の種類によっては光を好むもの、嫌うものがありますので、その辺りを気を付けていれば大丈夫です。あとは、皮が堅い種なんかもあるので、その際には事前に水に浸けておくひと手間が必要になります。それままた今後機会があればご紹介します!

最後に、今回リーフレタスと混植してみて失敗したと感じたこと

リーフレタスとの混植の失敗

種まき後にちょっと調べて気付いたのですが、水菜は筋まきだと、だいたい3~4㎝の株間で育てられてます。大株にする際でも15㎝程度。だとすると、今回の株間30㎝は広すぎますよね。

それで株間15㎝に変更しようと思っても、中央のリーフレタスは株間30㎝・・・15㎝間隔で水菜を植えてしまうと左右上下が邪魔になって大きくならない?んー困った。完全に混植失敗しました(^^;

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です