被覆資材を活用しよう! マルチの種類と綺麗にマルチシートを張るコツ

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/08/306f89a66cb930d9b8acf2fe6023a740.png
  • マルチってした方が良いのかしら?
  • マルチの種類が多くてどれを使用したらいいのかわからない
  • マルチが上手に張れないんだけど・・・

こんなお悩みを解決します!

本記事の内容

マルチの種類とマルチを綺麗に簡単に張る方法をご紹介します

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

これを読めばマルチの種類が分かり、どれを使用すればいいか選択できるようになります。またマルチを綺麗に簡単に張る方法もご紹介します。

それでは、初心者の方が野菜作りを始める上で、知っておくべき基礎知識として「マルチの種類と綺麗にマルチを張るコツ」をご紹介します。

マルチングについて

マルチングとは

土の表面を農業用資材で覆うことをマルチングといいます。

マルチ資材には、ポリエチレンフィルム(ポリマルチ)や藁、堆肥などを用います。中でも、ポリマルチは、色やサイズ、形状など様々なタイプがあるので、一般的に広く利用されています。

マルチングの主な効能

マルチを活用する主な目的は下記の通りです。

  1. 水分の蒸発を防ぎ、土の乾燥を防ぐ
  2. 地温を上げ、生育のスピードを速める
  3. 雨による泥はねを防ぎ、病気を予防する
  4. 雑草が生えるのを防ぐ
  5. 雨や水やりで肥料分が流れ出るのを防ぐ
  6. アブラムシなどの害虫から野菜を守る
ここがポイント!

病気予防の効果や団粒構造が壊れにくく土壌環境が長く維持される効果があるため、野菜の収穫量UPや品質UPが期待できます。

ポリマルチを使用するメリット

マルチングをすることは、上記の効能からも読み取れるようにいくつかのメリットがあります。一般的に広く利用されているポリマルチはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ポリマルチ使用するメリット
  • 草が生えにくい
  • 土壌の乾燥を防ぎ、保温効果があるため、種の発芽が良くなったり、苗の活着が良くなったりします。
  • 泥はねを防ぐので病気になりにくい
  • アブラムシを忌避する効果がある
  • 夏場に土壌消毒も出来る
  • 色やサイズ、形状など種類が豊富
  • 手軽に使用できる

ポリマルチを使用することのメリットは、しっかりと効果が期待できるうえに、手軽で種類が豊富であるということです。マルチシートは簡単に張れるので使いやすく、効果が高いのがポイントです。また種類が豊富なため様々な用途に応じて使えます。

ポリマルチを使用するデメリット

野菜づくりにおいて、マルチを使用するメリットは上記で紹介しましたが、デメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

ポリマルチ使用するデメリット
  • 肥料がやりにくい
  • マルチを張ったり剥がしたりする手間がかかる
  • ポリフィルムのマルチシートは環境に悪い
  • 使いまわしが出来ない
  • 種類が豊富であるが、使い分けが必要でコストがかかる

ポリマルチをすることのデメリットは、コストと手間がかかるということです。マルチシートは、病原菌の媒介を防ぐためにただやはりデメリットよりもメリットによる魅力が大きいために使用する人が多いのだと思います。またマルチには様々な種類があるため、その用途に応じて使い分けをしないと、思わぬ悪影響を受ける場合がありますので注意が必要です。

まずは、しっかりとマルチの種類や特徴を把握しましょう。

マルチの種類と特徴

マルチシートには、様々な色やサイズ、形状があります。それぞれ特徴がありますので、用途に応じて選びましょう!

ポリマルチ

黒マルチ

雑草を防ぐ!

オールシーズン使用できます。地温を高める効果もあるため初心者も使いやすいマルチです。シルバーマルチと違い、光を通さないので雑草予防効果が高いです。

穴あきマルチ

穴あけの手間が省けます!

あらかじめ簡単に植え穴が開くようにミシン目が付いているタイプです。穴の間隔は様々ですので、植える野菜に応じて使い分けが出来ます。ただ大きな負荷をかけると穴が開いてしまうため、取り扱いに注意が必要です。

透明マルチ

寒い時期に有効!

地温を高める効果が高く、寒い時期の栽培に適しています。その分、他のマルチに比べて雑草は生えやすいです。夏の時期の土壌の消毒などでも活躍します。

シルバーマルチ

光を反射するため、夏でも地温が上がりにくいです。光るものを嫌うアブラムシ除けに最適です。

銀線ストライプ入りマルチ

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

私は使用したことが無く写真はありません。あまり見かけたことが無いですね。

黒マルチとほぼ同様の効果があります。さらに銀線部分が光を反射するので、シルバーマルチのようにアブラムシ除けに効果があります。

有機物マルチ

落ち葉、藁、刈った雑草、野菜の残さなどで畝を覆うことを「有機物マルチ」と言います。有機物マルチは、黒ポリマルチに比べて雑草の発生を防ぐ効果や、地温上昇効果は劣りるりますが、、雨に打たれても表層の土が固結せず、晩秋から早春の地温の低下や夏の上昇を和らげます。雨水もよく浸透するので塩類の集積もなく、根が深く張ります。空気も地中によく入り、表層の根に酸素を供給する隙間ができるので、うわ根もよく発達します。
また、ミミズなどの有用土壌生物の餌にもなって、団粒構造がしだいに発達するとともに、地力もだんだんついてきます。

藁マルチ

乾燥防止などの目的で株元に敷いて使いますが、ポリマルチよりも効果が穏やかですが、 土に還るのでごみが減らせる分、環境に良いです。地面にツルを這わせるカボチャやスイカ、育成中に土寄せが必要なサトイモやショウガ、実が地面に付くと傷むイチゴなどに最適です!

マルチのサイズ選び

マルチシートのサイズを選ぶときには、畝の側面もカバーする必要があるので畝幅で選んではいけません。一般的に家庭菜園で立てる畝の幅は、作業のしやすさから60~90㎝だと思いいます。大きくても1m程度だと思います。

ここがポイント!

マルチシートを選ぶ際には、使用する畝幅のワンサイズ上の幅の物を選ぶようにしましょう!

使用するおすすめサイズ!
  • 60cm幅の畝⇒95cm幅のもの
  • 90cm幅の畝⇒135cm幅のもの
  • 100cm幅の畝⇒150cm幅のもの

マルチシートの張り方

マルチシートの簡単な張り方

マルチシートを張る時には、「マルチ押さえ」を使用します。このマルチ押さえを使用すると簡単にマルチを張ることが出来ます。

マルチ押さえ
マルチシートを張る前に必ずやろう!
注意
畝の表面を綺麗に平らに整えましょう!凸凹だと綺麗に張れないどころか、保温・保湿効果が十分に発揮できません。

①まずは、マルチシートの端をマルチ押さえで固定します。

②次に、畝の長さにマルチを伸ばします。

③マルチシートを伸ばしたら、端をマルチ押さえで固定します。

ここがポイント!

マルチを伸ばす際には、ロールに支柱を通して引っ張ると簡単に出来ます。畝が長い場合には有効です!

ただ私の畝は短いので、支柱は使用していません。ロールの穴に指を掛けてそのまま引っ張れば簡単に出来ますよ!

③最後に、両サイドをマルチ押さえで固定して終了です。

created by Rinker
¥1,180 (2020/04/04 20:32:23時点 楽天市場調べ-詳細)

綺麗に張るコツ

マルチを綺麗に張るコツは、いたってシンプルです。

しっかりとコーナーを固定してから、伸ばして張るです。

マルチ止めを使用して固定する際に、まずコーナーをしっかりと固定しましょう。そしてマルチを伸ばしながらさらに反対側のコーナーを固定します。この時に少々シワがあっても構いません。最後にサイドを止める時に、しっかりとマルチを伸ばして固定するとシワは伸びます。

サイドを止める時も、まずはコーナーから、次に中央、さらにその中央といった感じで止めていきましょう

マルチ止めを使用しない場合は、マルチの裾をしっかりと土で固定することが大事です。しっかりと固定できていないとマルチを伸ばすことが出来ずにシワだらけになってしまいます。土で固定が上手くできない場合は、マルチ止めの使用をおススメします。またサイドを埋める際には、マルチを足で踏んで伸ばして土をかけていきましょう。

注意
ポリマルチはピンと張ろう!

マルチにしわがあると、風でバタバタして株を痛める原因になるほか、水が溜まって病原菌の温床になることもあります。ポリマルチは太陽熱や高温で伸びるので、ピンと張るには日中の作業がおススメです!

まとめ

今回は、初心者の方が野菜作りを始める上で、知っておくべき基礎知識として「マルチの種類と綺麗にマルチを張るコツ」をご紹介しました。

野菜づくりには、色々な資材がありますが、このマルチシートもそのうちの一つです。マルチングをすることによって病気予防や保温効果があるため、野菜の生育環境が良くなり、生長速度に大きな影響を与えます。

マルチシートは、種類も豊富なので使用する用途により使い分けると一層効果的です。自然に還るエコな藁やもみ殻、さらには冬越しの際の堆肥でのマルチングなどもあります。どれを使用するかは、家庭菜園のスタイルによって考えると良いと思います。

被覆資材には、マルチシートのほかに、畝にトンネルをかけるトンネル資材などもあります。野菜の栽培する時期や栽培の方法により様々な被覆資材を使用して、美味しい野菜をたくさん作りましょう!

被覆資材を活用しよう! トンネル資材の種類とトンネルの掛け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です