【家庭菜園】夏野菜の育苗 ピーマン・ナス・ミニトマトのポット上げ

先日、3/20に春分を迎えましたね。ここ数日でさらに気温が上がり、越冬野菜たちがすくすくと育っています。

育苗中の夏野菜も例外ではありません。リビングで日光浴させて光合成を促し本葉が2枚になったので、今日ポット上げをしました!

育苗開始から現在までの様子はこちら

夏野菜の育苗 ポット上げ

苗のポット上げ

育苗を開始から34日目、本葉が2枚ほど出てきたのでポリポット3号に植え替えしました。現在はこのような感じです。

右端の2列、ピーマンがかなり順調に育っています。左端の米なすは徒長していますが、まずまずです。問題は、ミニトマトの苗、写真で黒っぽい苗が6つあるのが分かるでしょうか。

普通こんな色になりますか?3/18の時点では薄い緑色だった苗ですが、リビングで日光に当てた途端にこのような色になってしまいました。

日光に当てすぎたせいでしょうか?あるいは、水やり不足で根が傷んでしまったせいでしょうか?原因が良く分かりません。もうなってしまったものは仕方がないのでこのまま見守ります。

気を取り直して、早速ポット上げをやってみましょう。今回準備したものは、ポリポット3号(9cm)、培養土、鉢底ネットです。

※育苗に鉢底ネットは必要ありません!

たけぞうさん
たけぞうさん

根が鉢底ネットに絡んでしまいます。植え付け時に根を痛めてしまうことになりますので、ご注意ください!間違った方法を記載してしまいすみませんでした。m(_ _)m

通常であれば、セルトレーなどで育苗している人は、セルトレーから苗を取り出してポットに移植すると思います。

私の育苗している苗たちは、サカタのジフィーポットDAIMの種まきハウスを使用しています。移植する際には、ポリポットにジフィーポットをそのまま埋めるという感じになります。

こんな感じ

ポット上げの手順

ポリポットの準備

ポリポットに鉢底ネットを切って入れる

ジフィーポットを取り出す

種まきハウスからジフィーポットを取り出します

ポリポットへ移植する

ジフィーポットをポリポットへ入れて培養土を敷きつめる

STEP1 ポリポットの準備

ポリポットの底には穴が開いているので、鉢底ネットを切って入れます

たけぞうさん
たけぞうさん

今回ポットの中に鉢底ネットを入れましたが、よく考えてみると購入苗のポットには鉢底ネットなんて使用されているの見たことないですよね?別に必要ないのかもしれません。

※育苗に鉢底ネットは必要ありません!

STEP2 ジフィーポットを取り出す

種まきハウスからジフィーポットを取り出し方はいたって簡単です。

種まきハウスには底面に吸水用の穴が開いているので、そこから割りばしなどを使ってジフィーポットを押し出せば簡単に取り出せます。

STEP3 ポリポットへ移植する

ポリポットの中にジフィーポットを入れたあと、培養土培養土で周りを敷きつめます。ポリポットに軽く振動を与えながら入れると培養土がしっかりと隙間に入っていきます。

この様な流れでやっていきます。

最後に、たっぷりと水やりをして終了です。

何度見てもやっぱりミニトマト 千果の色はどう考えてもおかしいので、この育苗は失敗かもしれません。

追加で種まきした米なすとミニトマト

3/19に全てのまき穴より発芽しました。今回は徒長もせずに順調です。

と、喜んでいたのですが、3/21に確認すると大変なことに!何本か萎れてダウンしていました。水やりをしていなったせいだと思います。

急いで水やりをして様子を見ることに・・・

復活!

翌日には復活してくれました。ホントに良かったです。

使用している育苗道具や資材

今後の作業

ポット上げした苗の管理

土が乾いたら水やりするくらいでしょうか。植え付け予定は、4月下旬~5月上旬です、苗の成長具合を見てゴールデンウィーク明けまでに植え付けられたらと思います。

種まきハウスの苗

本葉が2枚ほど出てきたら随時ポット上げしていきます。

まとめ

今日は、ピーマン、ナス、ミニトマトのポット上げをしました。ピーマンはかなり順調に問題なく育っていますが、米なすは徒長気味、ミニトマトに至っては葉の色が悪くダメかもしれません。

原因がはっきりと分かれば対処も出来るのですが、正直よく分かりません。明らかに誰が見てもおかしな色をしていると思います。日光の当てすぎならピーマンやナスの苗も同じような葉色になっていると思うのですが、ミニトマトの苗だけなので心配です。

今後、ミニトマトの苗が枯れるようなことがあれば、今回は諦めて苗を購入しようと思います。

最後まで読んで頂いてありがとございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です