【家庭菜園】夏野菜の育苗 オクラとトウモロコシの間引き 枝豆発芽!

今日は、育苗中のオクラとトウモロコシの間引きをしました。オクラは本葉が2枚目が出ようとしていますので、3本から2本へ。トウモロコシは草丈が20cm以上になったので2本から1本へしようと思います。

オクラとトウモロコシの間引き

オクラの間引き

まずはオクラからです。ポットに3粒ずつ種を蒔いたので、しっかりと芽が3本出ていますね。本葉が1~2枚出てきた時が間引きのタイミングということで、2本へ間引こうと思います。

本葉1~2枚出ています

やや徒長気味ではありますが、順調に生長しています。葉の傷んでいるもの、生育の遅いもの、葉色が悪いものから間引きます。

これをすべてやってオクラの間引きは終了です。

トウモロコシの間引き

続いてトウモロコシです。トウモロコシは草丈20~30cmになったら1本へ間引きます。

すべて1本へ間引いて終了です。

ナス科の野菜の育苗状況

ナス・ピーマン・ミニトマトの生育状況は、相変わらず良いとは言えません。

各苗の生長具合は、ゆっくり生長はしているものの屋外デビューさせた時とほとんど変わっていません。ミニトマトは1本だけそれらしくなってきたかな?という程度です。

加温装置のヒーターパネルを導入していますので、日中は25℃、夜間は15℃に設定しているのですが、なかなか思うように生長してくれずじれったいですね。

ミニトマトは、中には双葉が枯れてしまったものや本葉が枯れかかっているものもあります。液肥でもあげればいいのでしょうか?

枝豆の発芽しました!

先日種まきした枝豆はというと・・・

4/22に最初の発芽を確認してから、翌日には8割がた発芽しました。

そして今日確認すると・・・

しっかりと芽を出して中から初生葉が見え始めてきました。ポット蒔きしたオクラやトウモロコシ、枝豆は順調に生長していますね。

ポット蒔きした苗は順調に生長しているのに、ジフィーポット蒔きした苗は生長が悪い。育苗期間がかなり違うのでそう感じるのかもしれませんが、それにしてもナス科の野菜たちは生長が悪すぎますね。

もしかするとジフィー蒔きで使用した種まき用土とポット上げした時に使用した培養土の相性が悪いのかもしれません。相性が悪いと根がジフィーポットを突き抜けて張り出していかないようです。

たけぞうさん
たけぞうさん

来年は、セルトレイ蒔きで育苗しようと思います。

今後の作業

トウモロコシの植え付け

トウモロコシは、草丈が20cmを超えてきましたので1本へ間引きしました。もうそろそろ植え付けをしても良さそうです。

オクラの植え付け

本葉3~4枚になったら1本にして植え付けようかと思います。

ナス科の野菜

ナス科のピーマン・ナス・ミニトマトは・・・ゴールデンウィーク明けまでには間に合わないかもですね。

まとめ

オクラとトウモロコシの間引きをしました。ポット蒔きしたこれらの野菜たちは、順調に生長していますね。トウモロコシは1本へ間引いたので、そろそろ植え付けようかと思います。

現在、西高東低の冬型気圧配置のため、気温の低い日々が続いています。もし植え付けをするのであれば落とし込み栽培で使用かと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です