オクラの栽培記録 アブラムシがびっしり アブラムシの駆除と対策

5/2に植え付けをしたオクラが大きくなってきました。

順調に育っていると思っていましたが、今日ふと近寄ってみると黒いものが見えたので、もしやと思い葉の裏を確認すると・・・

アブラムシがびっしりと付いていました。オクラは16株ほど植えているのですが、約1/3ほど被害が甚大でした。

アブラムシの駆除と対策

オクラは、アブラムシが付くと思っていましたが、シルバーマルチをしたのでそれで満足してしまっていました。やはりマルチだけじゃなく他にも対策をしておくべきでした。

アブラムシの駆除

アブラムシの駆除の方法は、色々とあるみたいです。

アブラムシの駆除方法
  • テープで捕る
  • 歯ブラシで捕る
  • 牛乳を振りかける
  • 石鹸水を吹きかける
  • テントウムシに頼る
  • 木酢液を使用する

今回は、一番簡単そうなテープで捕る方法で駆除したいと思います。歯ブラシで捕る方法も考えましたが、使えそうなものがなかったので、シャワーをかけながら指でこすり落としていこうと思います。

ガムテープで捕る

まずは葉の裏をめくり付いてしまったアブラムシをガムーテープで捕っていきます。

シャワーをかけながら手でこすり落とす

ガムテープで捕ってもなかなかすべてを捕るのは難しいので、シャワーをかけながら手で葉の裏をこすって落とします。

ある程度は、除去できたかと思いますが、新芽の部分や葉の隅などは完全に除去できなかったです。1回やっただけで捕り切るのは難しいと思うので、何度か時間のある時に駆除していこうと思います。

アブラムシ対策

アブラムシを完全ではないですが、ある程度除去したので、今後のために対策をしたいと思います。

アブラムシ対策
  • 反射テープを張る
  • 木酢液を使用する

今回は、エンドウの時に使用したキラキラテープがあるので、それを張ろうと思います。

支柱を立てる

テープを張るために支柱を立てます。

テープを張る

反射テープを張ります。

株元にアルミ箔を敷く

株元にアルミ箔を敷いて光を反射させます。

反射テープを張り、アルミ箔を敷きました。結構光が反射していますね。付いてしまったアブラムシに効果があるか分かりませんが、さらなるアブラムシの増殖を防ぐことが出来ればいいですね。

木酢液

アブラムシの駆除や対策で「木酢液が良い」とよく聞くので、HCに行ってみてみました。ペットボトルに入った木酢液を見つけましたが、あれは自分で薄めて使用しないといけないようですね。一度試しに使用してみたいと思います。

マリーゴールド

Instagramのコメントで、アブラムシの対策にマリーゴールドも良いと聞きました。これは手軽に出来るので、さっそく植え付けてみたいと思います。教えて頂いてありがとうございました。m(_ _)m

マリーゴールドを混植 5月24日

オクラの畝にマリーゴールドを混植しました。これで少しでもアブラムシの被害が少なくなればと思います。

今後の作業

支柱立て

反射テープを張るために簡易的に支柱を立てましたが、オクラも大きくなってきましたので、そろそろ本支柱を立てようと思います。

追肥

アブラムシがいなくなるまでは追肥は控えようと思います。

収穫

互角オクラは、さやの長さ7~8cmで、マルオクラは12~15cm以内でつけ根から切り取ります。

植え付けから約2カ月で収穫を迎えるようです。収穫がはじまる予定は、7月頃ですね。

摘葉

実の付きと風通しを良くするため、収穫と同時にさやがついていた節から下に1~2枚の葉を残し、それより下の葉を切ります。

さいごに

オクラにアブラムシが付いてしまいました。初期対策が甘かったと痛感しています。しかも調べてみると土づくりの時にもみ殻燻炭を使用していませんでした。アブラムシ忌避効果のある燻炭を使用しておくべきでした。

今回も勉強になりました。オクラは、「アブラムシが付きやすいので注意!」これを忘れずに覚えておきます。しかし、中には、アブラムシが全くつかない人もいるらしい。これは何が違うのか・・・。元肥を施す際に窒素成分が多いからかもしれません。今後は、元肥の施す成分にも注意していかないといけませんね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です