玉ねぎの栽培記録 玉ねぎの土づくり 元肥の投入 骨粉を使用してみた!

今日は、前回の堆肥の投入に引き続き、土づくりの工程 STEP5に取り掛かりました。

前回、石灰の代わりにもみ殻くん炭を投入しましたので、STEP3~STEP4は省略です。

土づくりの工程はこちら

土づくりの基礎知識 土づくりの方法 5つの工程を極めよう!

今回は、玉ねぎの畝の土づくり 元肥の投入をご紹介します。

玉ねぎの畝の土づくり 元肥(牛糞堆肥・化成肥料・骨粉)の投入

粒骨粉の投入

骨粉は深く混ぜておきます

投入量は135g

化成肥料の投入

いつもの化成肥料です

投入量270g

牛糞堆肥の投入

新たに購入した完熟牛糞堆肥 有機エースを使用します

投入量は8L

畝立て

平畝にします

穴あきマルチを使用し、横に5列で植え付けるので、畝幅は80㎝程度にします

マルチ張り

穴あきマルチを使用し横5列使用します

STEP1 粒骨粉の投入

今回、初めて骨粉を投入します。

玉ねぎ作りには、骨粉が良いと下記のサイトを参考にしてみました。

「骨粉」などリン酸を多く含む肥料を入れると玉が充実します。リン酸は地下にしみていかない性質があるため、深く伸びるタマネギの根がリン酸を吸えるよう、あらかじめ深く混ぜておきましょう

やまむファーム

購入した骨粉

今回は、急遽、骨粉の使用を決めたので、近所のホームセンターで購入しました。

骨粉は、粉末状だと思ったのですが、粒状のものしかありませんでした。

骨粉の投入量

目安として100~200g/㎡と書いてありますが、今回使用の牛糞堆肥にもリン酸が多く含まれていますので、50g/㎡と半分程度にしておきました。畝が270㎝なので、135gにしました。

今回初めて投入した骨粉で、球の肥大がどれだけよくなるか楽しみです!

化成肥料の投入

化成肥料の投入量

化成肥料は100g/㎡を投入します。畝が270㎝なので、270gです。

牛糞堆肥の投入

牛糞堆肥の投入量

牛糞堆肥は、3L/㎡を投入します。畝が270㎝なので、8Lとしました。

今回より新たにネットで購入した完熟牛糞堆肥 有機エースを使用しました。本当に土のような状態まで分解されていますので、土と良く馴染みそうです。

今後、この肥料の効果がどのような感じか、骨粉とともに評価できるように観ておきます。

畝立て

投入後、しっかりと資材が土と混ざるように耕して平畝に畝立てします。

穴あきマルチを使用し、横に5列で植え付けるので、畝幅は80㎝程度にします

マルチ張り

昨日雨がしっかりと降ったので、植え付けをすぐに出来るようにマルチングしておきます。

穴あきマルチ 5列

11/9 追記 晩生玉ねぎ用の土づくり

晩生玉ねぎを植え付ける畝の土づくりの最終工程、元肥の投入をしました。

今回の元肥の投入も同じ内容なので、こちらに追記しました。同じ畝の長さなので、骨粉、化成肥料、牛糞堆肥の投入量は同じ量を投入しています。

植え付けは月末くらいにしようかと思っていますが、晩生の苗がいつ届くか分からないので、元肥の投入まで済ませておきました。今後ひと雨降ったのちにマルチングをします。

この畝だと極早生・早生と同じ数量の植え付けになるので80個ですね。ちょっと少ないかな?発注している苗は100本なのですが、やはりもう一畝作る方が良かったかな。

使用した資材

今後の予定

極早生玉ねぎの植え付け

10月末~11月初旬頃に極早生玉ねぎの植え付けをする予定です。

まとめ

今回は、玉ねぎの畝の土づくり 元肥の投入をご紹介しました。

昨年までは、牛糞堆肥と化成肥料のみでしたが、今回初めて骨粉を使用しました。昨年の出来と比較できたらと思います。

が、ブログをまだしていなかったので、記録がありません。よって主観になります。(^^;

最後まで見て頂いてありがとうございました。

2 COMMENTS

のじさん

初めまして、こんにちは。
玉ねぎにはリンサンがいいのですね。
私も昨年苗が小さかったので、化成とバッドグアノとアズミンを遣りました。
バッドグアノはリンサンなので、それが効いたかも知れませんね。(*^o^*)
応援ポチしました。
今後とも宜しくお願いします。

返信する
たけぞうさん

のじさんありがとうございます

はい。玉ねぎにはリン酸がいいみたいです。

指導書では、ようりんを勧めていますが、

私は有機質肥料の骨粉を使用しました

こちらこそよろしくお願いします‍♂️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です