ジャガイモの栽培記録 ジャガイモの最後の追肥と土寄せ 草木灰投入

やっと雨が上がりましたね。連日の雨で千葉がまた大変なことになっています。大量の雨をもたらした台風のせいで、各地で水害が発生しています。河川の近くにお住いの方は本当に気を付けてください。河川の決壊がもたらす水害は本当に怖いです。

今日は、ジャガイモの芽かきから1カ月経過しましたので、最後の追肥をしました。

ジャガイモの栽培記録 ジャガイモの芽かき 大切な追肥と土寄せ

ジャガイモは1カ月すくすくと育ちました。台風の対策として防虫ネットをかけておきました。風の影響を受け少し茎が倒れていましたが、防虫ネットのおかげで茎が折れることはなかったです。

今回は、ジャガイモの最後の追肥と土寄せをご紹介します。

ジャガイモの2回目の追肥と土寄せ

追肥

化成肥料30g/㎡を畝横に追肥します

土寄せ

しっかりと土寄せをしジャガイモが土から出て来ないようにします

注意
ジャガイモも1カ月経過すると、新たな芽が出ていることが多いです。ちょくちょく観ていると知らない間に2本に芽かきしたはずの芽が3本や4本に増えていることがありますので気を付けてください。

私も今日まで2本に芽かきを何回かしました。出ている芽の本数が多いとイモが大きくなりにくいので注意しましょう!

STEP1 追肥

化成肥料

追肥の量は、いつもと同じです。化成肥料30g/㎡を畝横にまきます。

STEP2 土寄せ

追肥後に土寄せをしました。この時期の土寄せはジャガイモが太ってきますので、土から出て来ない様にしっかりと土を寄せておきます。

草木灰の追加投入 10月28日

イモの肥大期にカリを施肥すると、良質のデンプンができて美味しくなるため、追肥に「草木灰」などを入れると良いです。

やまむファーム

この様な記事を発見しました。今回は試しにカリ成分の草木灰を投入してみました。

購入した草木灰

急遽、草木灰の使用を決めたので、近所のホームセンターで購入しました。

草木灰の投入量

投入量は、袋の裏に記載があり20g/㎡です。畝が270㎝なので50gとしました。

使用した菜園道具や資材

今後の作業

収穫

収穫は、葉が黄色く枯れ始め、茎が地上に倒れてきたころを目安とします。株元から30㎝離れたところからショベルを入れて、株元をもって引き抜きます。土の中にもイモが残っていないか確認しましょう!

収穫は、2日以上晴天の続いた、土が良く乾いた状態の時にしましょう!土が湿っている状態で収穫すると、掘り上げたイモが腐りやすくなります。

保存方法

ジャガイモは、水洗いせずに風通しの良い場所に広げて乾かします。この時に日光に当たらないように注意しましょう!乾いたら土を軽くこすり落とし、日に当たらないように新聞紙に包んで13~15℃の冷暗所で保存します。

さいごに

今回は、ジャガイモの最後の追肥と土寄せをご紹介しました。

ジャガイモの収穫まであとどれくらいでしょうか。だいたい植え付けから収穫まで100日程度だと思うので、9月3日に植え付けしたので12月中旬頃かな?まだあと1カ月以上ありますね。(^^;

今後も順調に育ちますように!

10/28 草木灰を追加で追肥しました。ジャガイモにはカリが良いようなのでお試しで投入しました。いつも作っているジャガイモと主観になりますが、違いがあれば報告しますね。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

昨日の一品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です