ジャガイモの栽培記録 ジャガイモの芽かき 大切な追肥と土寄せ

10月まで1週間を切りましたね。皆さん体調を崩していませんか?この時期は、寒暖差が激しいので体調を崩しやすくなります。体調管理にお気を付けください。m(_ _)m

今日は、ジャガイモの芽かきを行いました。

ジャガイモを植え付けてから3週間経過し、ずいぶんと大きくなり草丈10~20㎝になりました。

真ん中の小さいのは、先日折られた芽のやつかな?

種芋植え付けから大体2週間~3週間で芽が出揃うはずなんですが、やはり芽出しが不十分だったせいで芽が出るのに時間がかかってしまいましたね。芽の生育にもばらつきがあり、ちょっと私の菜園のは生長が遅いですが、ちゃんと芽が出たので良しとしましょう。(^^♪

植え付け時の芽の状態はこちら

ジャガイモの栽培記録 ジャガイモ(ニシユタカ)の植え付け 溝施肥

ジャガイモの芽かき 追肥と土寄せをご紹介します。

ジャガイモの芽かき

芽かきのタイミングと芽の選定

植え付けから2~3週間後、草丈10~15㎝になったら芽かきをします。

茎が太く葉のしっかりとした芽を2本選びます。

芽かきの方法

芽の株元を手でしっかりと押さえて真上に引き抜きます。

追肥

畝横に化成肥料30g/㎡を追肥します

土寄せ

追肥後に葉を痛めない様に葉の下から株元に土を盛ります。

STEP1 芽かきのタイミングと芽の選定

植え付けから3週間経過、10~20㎝程度に生長しているので、芽かきの適期です。1株から3本以上芽が出ているところがあれば、茎が太く葉のしっかりとした生育の良い芽を2本残して他はかき取ります。

MEMO
あまり芽の本数が多いと出来るジャガイモは多くなりますが、サイズが小さくなります。小さいジャガイモは、ソラニンという有害物質を含んでいるため食べられませんので、しっかりと芽かきをしてジャガイモを大きくすることが大事です。

STEP2 芽かきの方法

芽を引き抜く際は、芽の株元を手でしっかりと押さえて真上に引き抜きます。それほど力を入れなくても引くと気持ちいいように抜けます。中には、引っ張ってもなかなか抜けないものがありますが、そのようなものは茎をハサミで切るか、折ってしまうといいです。

注意
土を押さえないと芽が抜きにくく種芋が地上に引っ張られ、種芋ごと引き抜くことになり兼ねませんので注意しましょう。

各種芋から出ている芽を2本にしました。一番大きいので草丈20㎝、今回芽かきをした小さいのは10㎝くらいでした。

STEP3 追肥

芽かきをした後、株元に化成肥料30g/㎡をまきます。肥料は、畝の両側にまくか、株間に肥料を置き肥します。

STEP4 土寄せ

追肥後しっかりと株元に土を寄せて終了です。葉にかかった土は取り除いておきましょう。

今回、芽かきする際にちょっと気になったことが・・・。

またジャガイモの葉が折れたり、無くなったりしていたこと。これは猫?ネキリムシ?犯人はわかりません。芽かきした後でやられると致命傷になり兼ねませんので、今残してる2本は無事に生長して欲しいです。(^-^;

結局、芽かき後にもやられました・・(>_<)

使用した資材

今後の作業

2回目の追肥と土寄せ

芽かき後、1カ月経過、もしくは蕾が付き始める頃に、化成肥料30g/㎡を追肥し土寄せします。この時はしっかりと土を盛り上げます。

収穫

収穫は、葉が黄色く枯れ始め、茎が地上に倒れてきたころを目安とします。株元から30㎝離れたところからショベルを入れて、株元をもって引き抜きます。土の中にもイモが残っていないか確認しましょう!

収穫は、2日以上晴天の続いた、土が良く乾いた状態の時にしましょう!土が湿っている状態で収穫すると、掘り上げたイモが腐りやすくなります。

保存方法

ジャガイモは、水洗いせずに風通しの良い場所に広げて乾かします。この時に日光に当たらないように注意しましょう!乾いたら土を軽くこすり落とし、日に当たらないように新聞紙に包んで13~15℃の冷暗所で保存します。

まとめ

今回はジャガイモの芽かき 追肥と土寄せをご紹介しました。

芽かきのポイントは、芽の本数を2本程度にすること。多くても3本までにしましょう。あとは、しっかりと株元を押さえて真上に引き抜くことです。力はそれほどいりません。

芽かき後は、追肥と土寄せをしっかりと行いましょう。土寄せは、株がぐらつかない様にしっかりと盛り上げましょう。

美味しいジャガイモを作るためには、芽の本数を少なくしっかりと土寄せをすることが大事です。美味しいジャガイモが収穫出来るように心を込めて育てます。(*^^)v

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です