ジャガイモの栽培記録 ジャガイモの芽出し作業 種芋を選ぶコツ

ジャガイモの芽出し作業開始から1週間になりました。

ジャガイモの栽培記録 さて、そろそろ始動しようかな 芽出し作業

芽出し作業開始の時にダメだと思っていた白っぽい芽ですが、どうなっているでしょうか?

ジャガイモの芽出し作業

現在の様子

こちらが現在の様子です。なかなか良い感じになっています。日光を当てることで緑化が始まり、弱い芽は枯れ、強い芽だけが残ってきているような気がします。

作業開始からの変化

作業開始時からの変化を見ていきましょう!

作業開始時

購入時より出ていた芽は、白っぽい芽ばかりで弱々しく徒長した芽が出ていました。これではダメだと思い失敗したかな?と思いました。しかし・・・

1日経過

1日経過した時点で確認すると、白っぽい芽は緑化して黒っぽく変色していました。ただ長く伸びてしまった芽が変色はしたものの、徒長した芽に変わりはないと思いますので、あまり期待は出来ません。

1週間後

1週間目の現在では、写真のようにしっかりとした芽が出ている種芋もあります。このように太く短いしっかりした芽が、他の種芋にも出てくれることを期待しています。

まだまだ植え付けまでには、1カ月近くありますのでじっくり見守っていきたいと思います。

少し気になること

まだ芽出し作業を開始して1週間ですので、今後どうなるか分かりませんが、小さな種芋の芽が細く貧弱なのが気になっています。大きさ的には、どれも40gは超えていますので申し分ないのですが、このまま細い芽しか出ないとなると、植え付け後の生育に影響が出そうで少々困ります。

植え付けに必要な種芋の数

前述の通り、芽の状態が気になりましたので、新たに種芋を購入するか検討するために、ジャガイモの植え付けに必要な種芋の数を考えてみました。ジャガイモの植え付け場所は、長さ約4.0mの畝です。

寒中耕起をして放置状態

単純に考えると12~13個の種芋が必要になります。現在、芽出し作業をしている種芋は、1㎏のものを購入し13個入っていました。そうなると今ある種芋を全部使わないと足りないことになります。厳密にいうと大きな種芋は切って植え付けますから足りないことはないのですが、芽の状態によっては使えない種芋も出てくると思います。

今からであれば芽出し作業は十分に間に合いますので、早期の判断が必要ですね。少し様子を見て考えます。

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

ここからは、これから種芋を購入する方も多いと思いますので、種芋の選び方をご紹介します。特に初心者の方は覚えておいて損はないですよ。

良い種芋の見分け方

良い種芋を選ぶコツ

良い種芋を選ぶには、下記のことに注意して選ぶようにしましょう!

皮にハリがある

良い種芋は、皮にハリがあります。皮にハリのないもの、シワの寄っているものは、中の水分が抜けてしまっている可能性があります。食べる時のジャガイモを選ぶのと同じように、ハリがあるものを選びましょう。

重みがあ

実際に種芋を手に持ってみて、ずっしりと重みのあるものは、中が詰まっていて良い種芋です。中がスカスカになっていると、新しく出る芽やイモを育てるための養分が少なく生育に影響を及ぼすことがあります。袋入りされている場合は、少々確認しにくいです。

芽の出ている位置がばらけている

種芋は少し芽が出ていることが多いので、出ている芽の状態をしっかりと確認しましょう。芽が一点にだけ集中していると、そこに集中して芽が出るので、種芋をカットする場合には気を付けてください。

休眠から覚めて芽が出ている

すでに休眠から覚めている種芋は、芽の生長が確認できるため良い種芋といえます。休眠している状態のものは、植え付け前の芽出し作業に時間がかかったり、そのまま植え付けると芽が出ないこともあります。できるだけ芽の出ている種芋を選びましょう。ただしあまり芽が伸びすぎているものは、徒長する可能性があるため注意が必要です。

芽の色が濃緑~黒っぽい紫

ジャガイモの芽は、タネイモから出てすぐの頃は、濃い色をしている場合が多いです。品種によっては、ピンク~明るい紫色、白っぽい色のものもあるので、一概に何色が良いと言えませんが、色が濃い方が勢いのある芽の目安です。

色の他に芽の太さにも注目しましょう。細く弱々しい芽からは、細い徒長したような茎が育ちやすくなります。芽がしっかりと太いものは、生育後の茎も太い場合が多いのでお勧めです。

種芋の大きさ

ジャガイモの種芋は、大きい方が育ちも良いのですが、60g以上の重さになると、収量にはほとんど差がでないそうです。また小さければ小さいほど良いというわけでもなく、だいたい40gが目安です。

春植えの場合は、60g以上の大きいサイズの種芋は、カットして40~60gにして植え付けることが出来ますが、秋植えの場合は、そのまま植え付けることになりますので、種芋の大きさは、植える時期のことも考えて選びましょう。

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

上記のことに気を付けて種芋を購入するようにしましょう。

最後に、一番肝心で基本的なことですが、スーパーで売っている食用のイモを使用するのはやめましょう。病気にかかっているイモでも食べる分には害はないので、入っている可能性が高いです。病気にかかっている種芋を育てると、病気が媒介し後処理に困ることになるため、おススメ出来ません。検査機関で合格したものを使用するようにしましょう。

今後の作業

2月下旬~3月上旬にマルチ栽培にて栽培予定です。

まとめ

1週間目のジャガイモの芽出し作業の様子をご紹介しました。ジャガイモの芽は出ているものの、芽の状態があまり好ましくないものもあるようなので、追加で種芋を購入するかもしれません。

別のところから新たに太い新芽が出てくれると良いのですが、それを待っている間に時間だけが経過してもよくありません。種芋がなくなったり、芽出し作業の期間が十分に取れなくなってはいけませんので、早期に決めたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です