ジャガイモの栽培記録 ジャガイモ(ニシユタカ)の芽出し作業 開始

今日は、8/13に購入したジャガイモの種芋の芽出し作業をしました。

ジャガイモの芽出し作業

購入してから日が経ちすぎてしまいましたが、 仕事でなかなか作業が出来なかったり、台風が来たりと、タイミングが合わずになかなか作業に取り掛かれずにいました。というのは口実で、実際には忘れてました。(^^;

今日思い出して焦って芽出し作業をしています。

芽出し作業

段ボールに入れて日光浴させます。昨年は日光浴をしていると芽が焼けてしまいましたので、出来るだけ日陰に置いて様子をみます。日陰でもいいのか、ちゃんと日光に当てないといけないのか、正解が分かりませんが、とりあえずやってみます。

昨年はプラスティックの容器に入れていたので、容器自体が熱をもち芽が焼けている箇所もあったようなので、今回は段ボールを使用しています。あまり変わらないかもしれませんが・・・段ボールに期待しましょう。

今は、まだほとんど芽が出ていません。 あと2週間あるので大丈夫だと思いますが、皆さんはどのように芽出し作業をされているのでしょうか?良い方法があったら教えてほしいです。

後日・・・

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/11/3634e3adfec8b1eddeb348852006c3ca.jpg
たけぞうさん

いいサイトをを発見したんだ。

その名も、ジャガイモ栽培.com

今これをお手本に実践しているよ。どうも日光を当てるより、風通しの良い涼しい場所がいいみたいだね。土も入れて芽出しするとか全然知らなかったなあ。

https://takezou3.com/wp-content/uploads/2019/08/d09afd958e5c4b7bb2bf5c3d7568b202.jpg

へーそうなんんだ。

いいサイトがあって良かったね。ちゃんと植え付けまでに間に合うといいね。

ジャガイモの畝の土づくり

さて、次に、昨日ジャガイモの植え付け場所を④→①へ変更しましたので、急遽、植え付け場所になった畝①に腐葉土15L(土容量の10%目安)を混ぜて耕しました。

秋冬野菜の計画 秋冬野菜の植え付け時期

ここはまだ土づくりをしていなかったので、ジャガイモの畝にするにはちょうど良かったです。石灰は入れずに腐葉土だけ投入しておきました。ここは前回、ニンニクの畝でした。

先日、この時期はニシユタカデジマしか種類がないと言いました。どうやらそれにはちゃんとした理由がありました。

ジャガイモの栽培記録 ジャガイモ(ニシユタカ)の種芋確保!
MEMO
ジャガイモには、この秋植えに向き不向きの品種があり、この時期に適した品種がニシユタカとデジマの二つみたいです。品種によっては、休眠期が長く、夏は芽が出にくいものがあり、「暖地系」と呼ばれる芽の出やすい品種を選ぶ必要があるようです。なので、この時期は主にこの二つの品種が販売されているようです。※他にも暖地系の品種はあるようです。

使用した資材

あと今日の作業は、キュウリに使った支柱の撤収をしました。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です