【家庭菜園】はじめての育苗 枝豆の育苗開始! 苗づくりは楽しい!

4月中旬になりそろそろ枝豆の育苗をしておこうと思います。枝豆は、毎年苗を購入して植え付けていましたが、今回より育苗をして自家製苗で栽培していくことにしました。枝豆は、ビールのつまみに最高なんですよね!今年もたくさん作って楽しみたいです。

枝豆の育苗開始!

今回もタキイのおまかせ特選シリーズです!

育苗の方法はこちらを参照してください。

今回もポット蒔きでの方法になります。ではさっそく始めていきましょう。

育苗準備

使用するのは、ポリポット3号と鉢底ネット、培養土、育苗ヒートマットです。

※育苗に鉢底ネットは必要ありません!

たけぞうさん
たけぞうさん

根が鉢底ネットに絡んでしまいます。植え付け時に根を痛めてしまうことになりますので、ご注意ください!間違った方法を記載してしまいすみませんでした。m(_ _)m

枝豆の発芽の適正温度は20~30℃ですので、育苗ヒートマットを使って加温します。4月中旬とはいえ、何もしないとまだまだ地温は、20℃を下回ることが多いので、しっかり発芽させるためにも使用しています。

種まき

ポリポット3号に鉢底ネットを敷きます。

※育苗に鉢底ネットは必要ありません!

ポットに培養土を入れ、水やりをして十分に水を吸わせたのち、種を蒔いていきます。今回は20ポットです。

室内管理のため衣装ケースに入れています

たけぞうさん
たけぞうさん

枝豆のタネ、つまり大豆を蒔くときは、鳥よけを必ずしてください。水でふやけたタネや発芽したばかりの双葉は鳥たちの大好物です。地植えなら不織布や防虫ネットなどで、ポット蒔きなら温室や室内管理が望ましいです。屋外で管理するなら防虫ネットや不織布で予防しておきましょう!

枝豆のタネです。

大豆

タキイ種苗 野菜種 ビールがうまい枝豆 ビアフレンド M

まき穴は、割りばしを使うと簡単です。1~2cmくらいの深さにまき穴を開けて種を蒔きます。穴底に入らない場合は、割りばしで押し込むと簡単に入っていきます。各ポットに3粒ずつ蒔きます。

設置

育苗ヒートマットを衣装ケースの下に敷いて加温し、蓋を閉めて発芽を待ちます。リビングの窓際に設置して様子を見ます。ケース内は25~30℃くらいになっています。

蓋を閉めるのは、ポット内の水分を蒸発させないようにケース内に閉じ込め、サウナ状態になることで乾燥を予防しています。

水蒸気を閉じ込めて乾燥を防ぎます

現在の苗の様子 4/19

先日より屋外の温室へと移動した苗たちですが、いくつかのトラブルはあったものの頑張って生長してくれています。

現在はこのような感じです。ミニトマトがようやく大きくなり始めてきました。ピーマン・ナスは大きくなってきているのだろうけど、もう少し頑張って欲しいですね。

今日4/19は、温室から出してしっかりと日光浴させました。仕事が休みの日は天候に合わせて臨機応変に対応しています。

今後の作業

植え付け

枝豆は、10~15日ほどで定植できるようなので、植え付けは4月下旬~5月初旬になります。

まとめ

今日は、枝豆の種まきをしました。枝豆は10~15日と育苗期間が短いので、枝豆用の畝づくりを早急にしなければなりませんね。

枝豆の栽培予定地には、現在ワケギを栽培しています。タネ球を回収するためには、6月くらいまで放置して球根を育てないといけないのですが、そうなると枝豆が栽培できませんので、今回のタネ球の回収は諦めようと思います。

枝豆の話に戻りますが、現在の年間計画で枝豆を輪作年限2年で栽培する予定となっているのですが、この輪作年限3~4年と私自身思っているのですが、どこかで輪作年限2~3年だということを見た記憶があります。たぶんそれを見た時に、2年で予定を立てたのですが、実際のところどちらが正しいのでしょうか?3~4年なら他の野菜の予定を立てようと考えています。

拡散希望!ご協力よろしくお願いしますm(_ _)m

たけぞうさん
たけぞうさん

先日、Twitterにて枝豆の輪作年限の正しいのはどちらかと質問を致しました。お忙しい中、回答して頂きましてありがとうございます。m(_ _)m

まだまだ猶予がありますので、分かる方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく思います。拡散して頂けますと幸いです。ご協力よろしくお願いいたします。m(_ _)m

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です