【おすすめ資材】屋外で育苗するならコレ! 「昭和精機」 園芸温室用パネルヒーター

先日、購入したタカショー ビニール温室 3段ですが、少々問題が発生しました。というのも、翌日の雨の日に室内の温度を測定してみると10℃しかありませんでした。

その日は寒の戻りで気温がいつもに比べて低かったのが影響しているのは間違いないのですが、天候も雨でしたので太陽が出ておらず、そのため温度が上がらないのだと分かりました。

室内に苗床を入れれば問題ないのですが、育苗トレーが大きく室内管理の時に使っていた衣装ケースには入らないのです。いちいち入れ替えるのも面倒くさいので、そのまま屋外で管理することにしました。ただ今回のように温度が低くなりすぎては生長に影響があるので、温度管理を考えないといけません。

温室内の温度管理

温室内の温度管理をどうしようか考えていると、育苗ヒートマットの様なものを屋外で使用できるものがあればと思い探した結果、こちらを購入しました。

昭和精機 園芸温室用パネルヒーター

さっそく取り付けました。パネルヒーターとサーモスタットは対角線上に取り付けることとあるので、サーモスタットは温室内の左上に、本体のヒーターは下段の棚の右側に設置しました。配線は結束バンドを使用して、チョイチョイっと温室の骨組みに沿って通しました。

パネルヒーターが作動するとランプがつきます。温度設定は、日中は太陽が出ていると気温は30℃近くまで上がるので、夜間に生育適温の15℃以下にならないように設定しました。

日中、雨などで気温が上がらない時は、状況に合わせて温度設定しようと思います。15℃以下になった時に作動するようにだけしていれば、この時期は大丈夫かと思います。

まとめ

今回、温室用のパネルヒーターを購入したことで、室内と屋外どちらでも育苗をすることが出来ますね。発芽するまでは室内管理にして、その後は屋外管理と分けることが出来そうです。タイミングとしては、ポット上げしたタイミングで屋外管理かなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です