【STEP2】初心者が迷わず家庭菜園を始めるならコレ!趣味の園芸「やさいの時間」

たけぞうさん
たけぞうさん

野菜づくりは、難しそうだなと思いますよね?やってみたいけどなかなか決心がつきませんよね?そんな貴方に、私が野菜づくりをスムーズに始めることが出来たコツをご紹介します!

何かを始める時って不安でいっぱいですよね?家庭菜園もそうだと思います。始めたいけど、やり方が分からなかったりして二の足を踏んでしまいますよね。

でも、私が家庭菜園を始めた時は、あることをしていて不安や心配もなく野菜づくりの知識を深め、スムーズに取り組むことが出来ました。そんなコツを今回ご紹介していきます。

こんな人に読んで欲しい

  • なかなか家庭菜園に踏み込めない人
  • やり方が分からなくて躊躇している人
  • 野菜づくりの知識を楽しく深めたい人

野菜づくりを始めたきっかけ

私が、家庭菜園を始めたきっかけは、新居を立てた時に庭が出来たことと、「趣味の園芸 やさいの時間」のテキストと出会ったことです。

家庭菜園を始める時って意外と勇気がいると思うんです。

  • 仕事しながら出来るの?
  • 一人で庭を開拓して野菜づくりするの大変じゃない?
  • 知識もないのにできるの?
  • すぐに止めちゃうんじゃない?

色々なことが不安要素となり、なかなか重い腰が上がらない人が多いと思います。その中でも、やり方が分からないという不安が一番足かせになっていると思います。

そんな貴方でも不安なくスムーズに出来る方法が、「趣味の園芸 やさいの時間」を観て読んで学び、実践する方法です。このやさいの時間には、TV番組とその番組テキストが販売されています。TVとテキストを合わせて見ることで知識がインプットしやすく、実践に向けた予習復習がしやすいです。

この二つの環境こそ初心者にとっては、非常に野菜づくりの知識を学びやすいものだと思います。文字で読むだけでなく、見て聴いてインプット出来るのは効果抜群だと実感しています。

趣味の園芸 やさいの時間

NHK 趣味の園芸 やさいの時間です。

趣味の園芸 やさいの時間とは

NHK Eテレ 毎週日曜 午前8時から放映されていて、家庭菜園をする人にとっては馴染みの番組かと思います。特にこれから家庭菜園を始めようと思っている方には、4月から一年通して基礎を学べるので非常にわかりやすいのでおススメです。露地栽培だけでなくプランター栽培も紹介されていますので、幅広く学ぶことが出来ると思います。

何が良いかというと、番組とテキスト両方があるので、学びやすいんです。

  • STEP1:「番組見て学ぶ」
  • STEP2:「テキストを見ながら実践する」

この2ステップが非常に良かったです。番組を録画すればいつでも見られますし、教材となるテキストがあるので、予習や復習が簡単に出来ます。これほどいい環境はないかと思います。

育てる野菜は、その時期に合ったものですから見て予習して実践出来るので、本当に戸惑うことなんて全くなく野菜づくりに集中できました。番組を見てやり方覚えて、テキストを片手に内容を完コピして野菜作りを実践していました。やさいの時間は定期購読して読んでいました。

この番組とテキストがあったからこそ、私の家庭菜園はスムーズにスタート出来ました。無かったら今頃どうしていたでしょうね。(^^;

下記に簡単な番組情報とテキスト情報を載せておきますね。

番組情報

畑の栽培とプランター栽培を週替わりでお届けする「趣味の園芸 やさいの時間」

「太陽のベジ・ガーデン」(原則第1・3週)では、野菜をこよなく愛する杉浦太陽が、長沢裕、川瀬良子とともに様々な季節の野菜を畑で栽培。額に汗してクワをふるい、とれたて野菜にかぶりつきます。講師は家庭菜園指導の第一人者、藤田智(恵泉女学園大学教授)

「もえのプランター菜園」は、山口もえがテラスでプランター野菜を育てます。タネをまき、苗を植え、新芽のみずみずしさや花の可憐さを目で楽しみ、成長にわくわくする日々を経てついに収穫! 栽培法だけでなく、新鮮な驚きに満ちた「野菜のある暮らし」をご覧ください。講師は「園芸で人を幸せにする」がモットーの、深町貴子(園芸家)

チャンネル 放送日 放送時間
Eテレ(本) 日曜 午前8:00~8:24
Eテレ(再) 木曜 午後0:00~0:24
総合(再) 月曜 午前10:15~10:39

テキスト情報

テキスト

育てる楽しさ、収穫の喜び 野菜と過ごすゆたかな時間をサポート

ビギナーでも楽しく育てられるよう、畑での栽培は恵泉女学園大学の藤田智さんが、ベランダや庭先で手軽に始められるプランター栽培は園芸家の深町貴子さんが、野菜づくりをイチから伝授します。有機栽培の農園や、ワザありのプロ農家を訪ねる特別企画も。

〈編集部より テキストのココ見てポイント!〉「そのとき知りたい栽培情報」を詳しくていねいに紹介します。放送月以降も番組で扱った野菜の収穫までのお世話について継続的にフォロー。「今月スタートできる野菜」コーナーでは、番組で紹介していない人気野菜の育て方も解説。特集では、菜園プランの立て方や肥料、農薬の話など、まとめて知りたいテーマを深堀りしていきます。

● 隔月刊(奇数月21日発売)
● 電子版あり

何でもそうですが、最初の頃は一つの教材を完コピして実践するといいと思います。まずはお手本となるものを見つけて実践する。これを繰り返し行うことで身に付いていきます。

やさいの時間は、そこにテレビ番組まで合わせてありますので、言うことなしで学びやすいです。初心者の方にはホントにおすすめです。しっかりと基礎を学んでインプットしていきましょう!

私は、さらにこのやさいの時間で講師をされている藤田智さんの著書も色々と購入して参考にしていました。

藤田智さんの著書

やさいの時間講師の藤田智さんの著書です。

MEMO
野菜づくり大全は、野菜作りの基礎が全て網羅されていますので、一番のお気に入りです。これがあれば大丈夫かな。

定期購読できる野菜づくりの雑誌

やさい畑

家の光ネットのやさい畑です。

こちらも定期購入して読んでいました。基本的なノウハウからベテランの知恵や技術が盛り込まれた一冊です。こちらは応用編が多いので、少し野菜作りに慣れてきた方におススメです。

野菜だより

学研出版の野菜だよりです。

有機・無農薬での野菜づくりを応援する家庭菜園誌。自分でつくるなら安全で安心なものを、との読者の声に応え、その方法やアイデアが満載。一般には難しいといわれる有機・無農薬栽培を誰もができるように、プロ・アマ問わず、畑の達人たちが伝授する。

学研出版

こちらも非常に分かりやすくて勉強になります。野菜づくりは奥が深いなと実感させられます。

参考になるのは書籍だけじゃない!

野菜作りをしていると失敗することも多く、野菜の育て方に対しての疑問も多く出てきますよね。テキストには載っていないようなことは、なかなか自分一人で解決するのは難しいと思います。そこで、他の方がどのようにして野菜作りをされているか参考にしたり、質問してみるのがいいと思います。経験豊富な方に相談するのが一番の解決方法です!

まとめ

私が家庭菜園をスムーズに始めることが出来たのは、「やさいの時間」があったからです。

私の場合、庭があったことも、家庭菜園を始める一番大きなきっかけの一つでもありました。やはり場所の問題というのは、自分だけの力では解決できないことが多いですので、感謝しかありません。でも、農地が無い方でも、プランター栽培や、あるいはレンタル農園などで畑を借りるという手もあります。

もし家庭菜園を始められるなら「趣味の園芸 やさいの時間」の番組とテキストのダブル効果は大きいですよ!

楽天マガジンの定額制雑誌読み放題サービスなら、色々な家庭菜園の雑誌を読むことが出来ます。

雑誌を読むなら!定額制雑誌読み放題サービス!
楽天マガジン(定額制雑誌読み放題サービス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です