連作障害にならないために野菜の分類を覚えよう! 

たけぞうさん
たけぞうさん

家庭菜園を始めたばかりの人やこれから始めたいと思っている方は、連作障害にならないためにも野菜の分類は知っておきましょう!ここでは連作障害にならないために必要な野菜の分類の知識をご紹介していきます!

連作障害にならないための基礎知識

連作障害にならないために必要な知識とは何でしょうか。それは、連作障害について知ること、そして野菜の分類を知ることです。なぜ野菜の分類を知ることが連作障害を回避することに繋がるのか・・・まずは、その連作障害について知ることから始めましょう。

連作障害について

連作障害とは、同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を繰り返し作り続けることで起きる生育不良のことで、土壌の養分バランスが崩れたり特定の病害虫が定着したりして起きる障害のことをいいます。連作障害が起きてしまうと、せっかく植えた野菜が上手く育たなかったり、収穫量が減ったり、さらには収穫まで至らずに枯れてしまうこともあります。

上記のように連作障害が起こる原因は、土壌の栄養素と微生物の生態系のバランスが崩れることから起こるといわれています。

それはその野菜が必要とする栄養分だけが吸収され、土壌中にはその特定成分だけが不足した状態になります。またその野菜が必要としない栄養分が土壌中に残ることにもなります。連作によって生じる栄養バランスの崩れが、生育障害を引き起こすものとして考えられています。

さらに、連作によって生じるのは栄養の偏りだけではなく、土壌中に棲む微生物のバランスも崩してしまいます。なぜならば、連作してしまうと、その野菜を中心に発生する病害虫が集まり、繁殖し密度を増していきます。そうなるとその病害虫が好む特定の微生物ばかりが死滅してしまいますから、土壌バランスを崩すことになります。そうならないためにも毎年異なる野菜を植えることが大切になります。

では異なる野菜を植えるにはどのような知識が必要なのか、ここからは連作障害回避するために必要な基礎知識である野菜の分類をご紹介します。

野菜の分類

連作障害を避けるための基礎知識として、野菜の分類があります。連作障害が起きてしまう原因の一つに同じ科目の野菜を同じ場所で栽培し続けるということがあります。例えばトマトをある場所に植えたとします。その後に同じナス科であるジャガイモを植えようとすると、ナス科グループの野菜の連作になってしまうため、生育に障害が出る可能性が高まってしまいます。

つまり野菜の分類(科目グループ)を知ることは連作障害を回避するために必要不可欠な知識なのです。野菜の分類には大きく分けて2種類の分け方があります。

  • 野菜の食べる部位による分け方
  • 野菜のグループ(科)による分け方

この2種類の分け方について表を用いて解説していきます。

野菜の食用部位による分け方

大きく分けると「葉菜類」「果菜類」「根菜類」の3つに分類されます。 これはよく指導書などで分けられている分け方ですね。これは分類名は知らないけど、どの分類に属している野菜なのか大体の人は見当がつく分け方ではないでしょうか。

  • 果菜類( 果実を食べる野菜 )
  • 根菜・茎菜類( 根の部分や地中で肥大した茎を食べる野菜も含む )
  • 葉菜・花菜類( 葉や茎を食べる野菜、蕾を食べる野菜も含む )
野菜の分類
分類  
果菜類

ナス トマト ピーマン トウガラシ シシトウ スイカ きゅうり メロン かぼちゃ
インゲン ソラマメ 大豆 小豆 枝豆 イチゴ トウモロコシ オクラ エンドウ
パプリカ マクワウリ 落花生 ズッキーニ ゴーヤ         
根菜・茎菜類

じゃがいも 大根 カブ 人参 さつまいも ゴボウ サトイモ ショウガ ワサビ
玉ねぎ ニンニク ラッキョウ アスパラガス コンニャク芋 ウコン ネギ    
葉菜・花菜類

キャベツ 白菜 レタス 春菊 ほうれん草 バジル ニラ ワケギ ミツバ
シソ ミント ブロッコリー カリフラワー ミョウガ ナバナ セリ パセリ セロリ

野菜のグループ(科)による分け方

○○科という分類です。この分類こそが連作障害を回避するために必要となる分け方です。野菜作りをしている人ほぼ全員が気にかけている分類になります。

野菜のグループ(科)
科名  
ナス科 ナス トマト ピーマン トウガラシ シシトウ じゃがいも      
ウリ科 スイカ きゅうり メロン かぼちゃ ズッキーニ マクワウリ ゴーヤ    
アブラナ科 キャベツ ブロッコリー 白菜 大根 カブ 小松菜 カリフラワー ナバナ ワサビ
セリ科 セリ パセリ 人参 ミツバ セロリ        
バラ科 イチゴ                
ヒルガオ科 さつまいも                
キク科 レタス ゴボウ 春菊            
マメ科 エンドウ ソラマメ インゲン 落花生 大豆 小豆 枝豆    
アカザ科 ほうれん草                
ヒガンバナ科 玉ねぎ ネギ ニラ アスパラガス ニンニク ワケギ ラッキョウ    
キジカクシ科 アスパラガス                
アオイ科 オクラ                
ショウガ科 ミョウガ ショウガ ウコン            
シソ科 シソ ミント バジル            
サトイモ科 サトイモ コンニャク芋              
イネ科 トウモロコシ                

この分類は、野菜づくりをする上で非常に重要な分け方になりますので覚えておきましょう!

野菜の分類を知る必要がある理由

連作障害にならないために必要な野菜の分類ですが、なぜこの分類を知ることが連作障害の回避に繋がるのか・・・もうお分かりですよね。野菜の分類、特に野菜のグループによる分け方を見て頂くと理解できると思いますが、野菜のグループの中には、たくさんの野菜が存在します。

連作障害とは、同じ場所で同じ野菜(同じ科の野菜)を繰り返し作り続けることで起きる生育不良。とあります。ということは、同じグループの野菜を同じ畝で栽培し続けることが出来ないということです。つまりこれを知らないとどの野菜を作付けていいのか分からず知らず知らずのうちに連作障害を引き起こしてしまう原因になるからです。

たけぞうさん
たけぞうさん

特にナス科、ウリ科、マメ科、アブラナ科の野菜は、野菜の種類が多く連作障害を起こしやすいので注意が必要です。連作障害にならないためにも上記の分類をしっかりと把握しておきましょう!

まずは自分がよく育てる野菜の科目グループを知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、初心者の方が野菜づくりを始める上で、知っておくべき基礎知識として「連作障害にならないために野菜の分類を覚えよう!」をご紹介しました。

野菜づくりには避けて通れない連作障害ですが、美味しい野菜を育てるためにも野菜の分類、特にグループ(科)分けは少なくとも忘れないように覚えましょう!

野菜作りには、色々と基礎知識が必要ですが、やっている内に自然と覚えますので安心してください。野菜づくりを楽しむことが、知識を覚える第一歩かと思います。

では、これからも家庭菜園をエンジョイしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。