気になる資材購入してみた!粒状 腐植酸 AGフミン

たけぞうさん
たけぞうさん

土づくりで使用する菜園資材なんか良いのないかな?とお探しではありませんか?今まで牛糞堆肥を使っていたけど、他のものを試してみたいと考えられている方いませんか?こんな資材がありますよ!

こんな人に読んで欲しい

  •  良い資材がないか探している人
  •  この商品について知りたい人
  •  家庭菜園を始めたばかりの人

今回、YouTubeの動画投稿から火がつき爆発的な人気になった土壌改良資材を購入してみました。ネットだと購入する前に商品を見れないので不安な方も多いと思います。そこで私が人柱となり使用した際の感想などを書いていきたいと思います。(^^♪

それでは購入したAGフミンのレビューをご紹介します。

粒状 腐植酸 AGフミン

今回、このAGシリーズのことを知るきっかけとなったのが、塚原農園さんのYouTube動画でした。この動画を見てなんか良さそうだと感じ試してみようと購入しました。

ここからはAGフミンのことについて簡単に解説していきます。

腐植酸とは?

作物が良く育つ畑は、黒くふかふかした感じの土が多いと思います。こういった土に比較的多く含まれるのが腐植物質です。腐植物質が多いほど黒色を呈し、良い土の目安になります。腐植物質とは、動植物の死骸が微生物に分解されながら、長い時間をかけて変化した暗褐色の有機物を指します。この腐植物質が腐植酸といいます。厳密には、腐植酸の他にフルボ酸、ヒューミンがあり3種類に分類されます。

腐植酸の効果とは?

土壌の保肥力を高める

豊富な腐食酸が肥料成分を吸着保持するために保肥力が向上します。

根張りを良くする

団粒構造化を促進して土壌の物理性が向上することで根張りが良くなります。

リン酸の肥効を高める

リン酸は、チッ素、カリとともに肥料の三要素の一つです。おもに花や果実の生長に役立つので、実肥えともいわれています。リン酸の肥料効果を高め、実つきや花つきを良くします。

土壌を団粒化させる

土壌が小さな粒状に固まった状態を団粒構造といい、これは排水性と保水性を兼ね備えた作物生育にとって優れた土壌構造です。腐植を施すことで団粒構造の生成が促進される効果があります。

塩類濃度障害を軽減する

塩類濃度障害とは、耕作地の土壌表層に塩類が集積する塩類集積が進むと濃度障害により収穫量が低下、もしくは収穫できなくなる状態のことを言います。主に干拓地や乾燥地における開拓による、灌漑や水利用の変化が原因となります。

AGフミンの使い方

家庭菜園の方であれば、1坪に700gもしくは150〜200g/㎡を満遍なく撒いて土としっかり混ざるように耕します。一度に大量に入れれば良いというものではなく適量を継続して使用していくことで効果が発揮されます。

このように多くの効果が期待できる腐植酸は、野菜の栽培過程で消耗されていくため、土壌中で不足しがちになるのが現状です。それを補ってくれるのがAGフミンです。とても良い資材ですので土壌改良におススメします!

商品紹介

粒状 腐食酸 AGフミン

AGフミン!

アイアグリでしか買えないオリジナル商品の土壌改良材

「効果」

団粒構造化を促進し、土壌の物理性が向上することで根張りがアップ!

豊富な腐植酸が肥料成分を吸着保持し、保肥力がアップ

特に施設栽培で問題となる、塩類集積による濃度障害を回避します。

余分な成分がないので、土壌のバランス調整が不要

保肥力アップには一度の大量施用より、定期的な施用がより効果的です!

「施肥目安」

1a(100平米)=1〜2袋(20〜40kg)

10a(1反)  =10〜20袋(200〜400kg)

1坪あたり700g〜1.5kg

塩類濃度が高い土壌の場合、施肥量をさらに多めにして下さい。

日本農業システムより

こちらが実際の商品です。AGフミンは粒状なので使いやすそうです。

商品レビュー

レビューは、下記の5つの項目で評価していきたいと思います。

  • 状態
  • 臭い
  • 使いやすさ
  • 異物混入
  • コスト

状態

植物質堆肥でしっかりした粒状になっています。堆肥袋がかなりしっかりした作りなので破れるといったこともなさそうです。

臭い

臭いは全くないです。無臭ですね。家庭菜園で使用するのに嫌な臭いがしないのは好印象です。

使いやすさ

牛糞などの動物質堆肥と違って植物質堆肥なので、臭いもなく硬化した粒状なので粉が舞うこともなくとても撒きやすいです。

異物混入

混入物などはなさそうです。

コスト

コスト的には、20kgで3000円を切るお値段ならいいと思います。家庭菜園で使用するくらいであれば、1坪700gほどの使用なので、10〜20坪あるような方でなければ1シーズンは保つのではないでしょうか。

総評

特に悪いところが見当たりません。臭いもなくしっかりと硬化した粒状なので、畑に撒くときに粉が舞ってしまうということもなくとても使いやすい資材です。

AGフミンの評価
状態
 (5)
臭い
 (5)
使いやすさ
 (5)
異物混入
 (5)
コスト
 (5)
総評
 (5)

紹介した商品

まとめ

今回は、粒状 腐植酸 AGフミンのレビューをご紹介しました。

植物質堆肥のAGフミンは、粒状で撒きやすく臭いもないのでとても使いやすい資材だと思います。土壌を団粒化させ肥保ち、水保ちを良くする効果は、土づくりをする上でとても重要なことだと思います。

野菜にとっていい土壌環境を作り、さらに根を活性化させて根張りを良くするなんて願ったり叶ったりですね!

野菜作りは土づくりからと言われるほど、土壌環境のバランスはとても大事です。その状態で野菜の質や収穫量に大きく差が出てきますので、土づくりが上手く行っていない方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です