ワケギの栽培記録 ワケギの切り取り収穫 難しい収穫のタイミング

8/26の植え付け以降、9月中旬に追肥と土寄せしてから放っていたワケギですが、元気よく育ち草丈30㎝以上になったので収穫しました。(^^♪

植え付け、追肥の様子はこちらから

ワケギの栽培記録 ワケギの植え付け ワケギの栽培記録 ワケギの追肥と土寄せ お得なワケギの再生能力

ワケギの収穫をご紹介します。

ワケギの収穫

草丈30㎝以上

ワケギのタネ球を植え付けてから、39日目です。草丈30㎝以上になり結構立派に育ったのではないでしょうか。

植え付けから収穫までの様子はこちら

【家庭菜園】なぜワケギが消えた? ワケギを狙うあるモノの仕業 【家庭菜園】また来た!ネキリムシの襲撃!!

ほぼネキリムシの話題ばかりでしたが、何度も何度も芽を切られては駆除する。

ネキリムシとの戦いでした。(^^;

それにもめげずワケギは立派に育ってくれました!(*^^)v

収穫方法

株元3~4㎝程度を残して、切り取り収穫します。

収穫後

収穫後、畝の両側に化成肥料30g/㎡を施して追肥します。

STEP1 収穫方法

ワケギの収穫は簡単です。ニラの収穫と同じです。株元3~4㎝程度を残して、切り取り収穫します。

こんな感じですね。株を引き抜かずに切り取り収穫すると、また葉が再生して伸びてきます。超お得な野菜なんです!ニラの再生力にも負けてません。

朝採りのみずみずしさはニラにも負けてないです。(^^♪

今回、育てたワケギは冷凍保存しますので、芽の出るのが遅かった株を除いて、全て収穫しました。

少しずつ収穫してもいいのですが、今のタイミングでも若干収穫が遅かったです。よく見ると小さいのが引っ付いていました。もう少し遅かったら、こやつらのエサになっていました。(^^;

アオムシ

野菜の収穫のタイミングが難しいですね。もう少し大きくなってからと待ちすぎると、枯れてしまいそうになったり、鮮度のタイミングを逃してしまいます。一番青々とした美味しい時に収穫したいですね!

STEP2 収穫後

畝の両側に化成肥料30g/㎡を施して追肥します。土としっかりと混ぜたら軽く土寄せします。あまり勢いよく土をかけると切ったところから土が入るので気を付けてください。

使用した資材

今後の作業

2回目の収穫

草丈25㎝以上になったら、また収穫します。今後の追肥は、収穫後にするだけです。これを繰り返して、大体3回くらい収穫出来そうかなと思います。(^^♪

お礼肥え

冬になって地上部が枯れたら、お礼肥えとして牛糞堆肥6Lを株の周囲にまきます。

タネ球の堀り上げ

春先に再生した葉を収穫し、初夏に地上部が枯れたら、球根を掘り上げて風通しの良いところで保存します。

まとめ

今回は、ワケギの収穫をご紹介しました。

ワケギの栽培は、本当に簡単なのです。タネ球を植え付けてほとんど何もしなくても育ちます。収穫後に追肥をするだけで、冬になって枯れるまで何度でも再生して収穫できるお得な野菜です。

でも、あまり何度も収穫を繰り返すと、葉が細くなってくるようですので、2~3回くらい収穫する程度にしておきます。

ワケギは、ネギとは違いクセもなく、ネギよりも生育が早いので重宝しますよ! 冷凍保存すると長持ちします。

これからの季節は、鍋の薬味に大活躍すること間違いなしです!(*^^)v

最後まで見て頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です